Category Archives: インドネシア情報

新発売の抹茶ラテ@バリ島

最近はバリ島のコンビニでもドリンクの選択肢が増えて、旅行者にも在住者にも嬉しい限りです。

ただやはりノンシュガーのお茶を探すのは未だに困難。

インドネシアではペットボトルの緑茶はありますが、全て砂糖入りなんですね。

日本のメーカーが出している緑茶でさえ、砂糖入り。しかもかなり甘い。

インドネシアでは紅茶やコーヒーを砂糖無しで飲む習慣がないので、緑茶にも砂糖が当たり前なのでしょう。

なのでそれはもう諦めて(笑)、甘くても美味しいドリンクを探してみるのが良いかもしれません。

今、インドネシアでは緑茶ブームなのか、色んなメーカーから新発売の緑茶が出ています。

先日緑茶コーナーで見つけたのがコチラ

1x1.trans 新発売の抹茶ラテ@バリ島

あの伊藤園から新発売の抹茶ラテ。

在住日本人がそそられる「抹茶」と言うキーワードに喰い付いた筆者。

さっそく買って飲んでみました。

1x1.trans 新発売の抹茶ラテ@バリ島

日本人的にはもっと抹茶の苦味があっても良いかとは思いますが、これは間違いなく抹茶ラテです。

甘すぎず、なかなかホッとするお味でした。

伊藤園さん、ありがとう!

大手スーパーやコンビニで買えますので、日本の味が恋しい方はお試しください(*^^)v

 

 

観光VISA免除の落とし穴(総領事館からのお知らせ抜粋)

【インドネシア政府による日本人への査証免除措置】

6月12日から、インドネシアでは日本を含む30カ国の国民に対し、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、入国査証の取得が免除されておりますが、それに伴うトラブル事例が次のとおり報告されています。

入国目的・滞在期間により、査証免除で入国するか、到着ビザ(Visa on Arrival「VoA」35米ドル)を取得するか、ご自身での判断が必要になりますので十分ご注意下さい。

○査証免除で入国した邦人が、商談の最中に入管職員による査察を受け、退去処分を言い渡された。

【査証免除は観光目的に限定されます。親族訪問や商談などにはこれまでどおりVoAの取得が必要です。】

○査証免除でデンパサール空港から入国、ジョグジャカルタ空港から出国しようとした邦人家族が出国を止められた。

【査証免除の出入国はインドネシアの5大国際空港(デンパサール、ジャカルタ、スラバヤ、メダン、バタム)と一部の海港のみに限定されています。
例えば、デンパサールから入国してジョグジャカルタやロンボクから出国することは出来ません。
認められている空港・港湾以外から入国又は出国する場合には、VoAの取得が必要です。】

○30日以上の滞在予定だったので、空港VoA窓口でVoAシールを購入しようとしたが、日本人は査証免除だから購入する必要はないと言われ、そのまま査証免除で入国。後日改めてVoAを申請に行ったが認められなかった。
【査証免除で入国した場合は30日を超える滞在は認められません。事後、VoAなどの査証に変更することもできません。30日を超える滞在予定の場合には、必ず入国の際にVoAなどの査証を取得する必要があります。】

○邦人旅行者が、査証免除の制度開始は知っていたが、空港到着時、乗客の流れがVoA窓口を通過するため、VoAの購入が必要であると思い込み購入してしまった。
【30日以内の観光目的の場合、VoAで入国しても問題はありませんが、本来、査証免除で入国できるケースであることを各自確認してください。】

■詳細は、在京インドネシア大使館HPをご覧下さい。(http://kbritokyo.jp/visa/)

 

 

美味しいコーヒー選びのポイントとおススメKopi

インドネシアのコーヒー「Kopi 」

バリに来られた方なら一度は口にされた事があるのではないでしょうか?

バリのコーヒーは日本のドリップ式の物とは違い、粉を直接カップに入れてお湯を注ぎ、粉がカップの底に完全に沈んでから頂きます。

「粉が口に残るから嫌い」という方もたまにいらっしゃいますが、美味しく頂くポイントは次の通り。

1.粉を多めに入れる(マグカップならティースプーン山盛り3杯ぐらい)

※砂糖を入れる方はここで一緒にお砂糖をカップに入れます(多めが美味しいです)

2.熱湯を注ぐ(ぬるいお湯では粉が沈みません)

3.よーくかき混ぜ、粉が完全に沈むまで蓋をして待つ

そして一番重要な事は、、、、、

「美味しいコーヒーを選ぶ」という事です!

実はこのKopiの粉末には様々な種類があり、メーカーによってかなり味や香りが違います。

そして袋に「Campur」という文字がある場合、コーヒー豆100%ではなく米など他の穀物などが混ざってる事を示すそうです。

同じコーヒー売り場に並んでいますので必ず「Campur」という文字が書いていないか確認してから買いましょう。

そして透明のビニール入りの物よりもアルミパックに入っている物の方が断然香りが良い!

お土産物屋さんに並んでいる観光客用のコーヒーよりも、ローカルスーパーに並んでいるコーヒーの方が新しく(回転率が速い)安くて美味しいです。

ローカルにも人気のインドネシア大手コーヒーメーカーの美味しいコーヒーはこちら。

Kapal Api(カパル・アピ)

マイルドタイプ↓

1x1.trans 美味しいコーヒー選びのポイントとおススメKopi

ストロングタイプ↓

1x1.trans 美味しいコーヒー選びのポイントとおススメKopi

実は大のコーヒー好きの筆者。

スーパーで販売されているコーヒーを片っ端から試しましたが、このKapal Apiに勝る物なし。

何と言っても他のメーカーとは香りが全く違います。

バリコピは不味い。ブラックでなんて飲めない。という方にこそ試して頂きたいコーヒーです。

もちろん筆者は毎日ブラックで頂いてますが、個人的には高価な幻のコーヒー「コピルワック」と同等の美味しさだと思っています(個人的な意見です)

美味しいKopiをお探しの方は是非一度お試しください(^_-)-☆

 

キラキラ女子にはたまらない!インドネシアのサンダル

インドネシアの女性は普段は質素にしていても、正装をする時は見違えるほどオシャレをします。

バリの女性の正装と言えばクバヤですが、その足元のサンダルにもこだわりがあるようです。

特に結婚式などのウンダンガン(招待客)でクバヤを着る時は、朝からサロンに行ってヘアメイクもバッチリ、最新流行クバヤにソンケットを合わせて、足元もキラキラのヒールを履いてかなり気合が入っているように見えます。

特に都市部での結婚式に参列される若い女性たちは、まるで女優さんみたいに美しい方が多いのです❤

またムスリム(イスラム教徒)の女性もキラキラが大好きなようで、全身キラキラに着飾っている女性もよく見かけます。

そんなヒカリモノが大好きなインドネシア女性。

という事は、キラキラサンダルが普通に売られているという事。

画像で見るとキラキラ感があまり伝わりませんが、実際にはかなりゴージャスなサンダルたち。

1x1.trans キラキラ女子にはたまらない!インドネシアのサンダル

1x1.trans キラキラ女子にはたまらない!インドネシアのサンダル

1x1.trans キラキラ女子にはたまらない!インドネシアのサンダル

1x1.trans キラキラ女子にはたまらない!インドネシアのサンダル

お値段もサンダルで3000円程度、パンプスで4000円ちょっとぐらいとお手頃。

これはキラキラ大好き女子はテンションが上がるのではないでしょうか\(~o~)/

ちなみにこちらはクタのMall Bali Galeria内にあるMatahariデパートです。

バリでお得にゴージャスなキラキラサンダルをゲットしましょう(*^。^*)

 

 

アイスと言えば【MAGNUM】そして新発売の【White Almond】

インドネシア在住や長期滞在の方はもちろん、インドネシア渡航歴の多い方なら一度は食べた事があるだろうと思われる(筆者が勝手に思っている)アイス【MAGNUM】

1x1.trans アイスと言えば【MAGNUM】そして新発売の【White Almond】

次々と新しい種類が発売されて、スィーツ女子(男子も)は試すのに忙しそう(~_~;)

このマグナムアイス、甘すぎて恐らく日本人の口には合わないのかと思いきや、「大好物!」という在住の方も結構いらっしゃいます。

でも「はっきり言って甘い」と皆さん口を揃えて言われるのでやっぱり甘いのです。

甘い物(しかも激甘)が大好きなインドネシア人。

ジャカルタにはマグナムカフェなるものがあるようですね。

1x1.trans アイスと言えば【MAGNUM】そして新発売の【White Almond】

甘~いマグナムにたっぷりのチョコレートをかけて・・・(*_*; あ、甘そう・・・。
カロリーとか・・・・・考えてしまうと怖くて食べられませんが。。。
大らかなインドネシアの方達ですから「そんな事は気にしません」という感じなのでしょうか。

1x1.trans アイスと言えば【MAGNUM】そして新発売の【White Almond】

そして最近甘さ控えめの新商品が出たと噂を聞き、試してみたのはこちら。

1x1.trans アイスと言えば【MAGNUM】そして新発売の【White Almond】

MAGNUM WHITE ALMOND

確かに甘~いのですが、他のMAGNUMのように完食できない甘さではなく、パリパリのホワイトチョコが美味しい❤

ちなみにカロリーは一個230キロカロリー。

あ、聞くと食べれなくなりますね・・・。

余計な情報だったらすみません(~_~;)

ローカル物価ではかなりの高級アイスのカテゴリーで、お値段一個12000ルピア(約120円)
※2015年6月現在の価格です

バリでアイスが食べたくなったら是非一度お試しください(^_^)/~

※画像は一部インターネットより拝借いたしました

インドネシアの飲むサプリ【関節編】

バリ島ではまだまだ栄養補助食品やサプリメントなどの需要は少なく、一般的にはビタミンCとカルシウムぐらいしか知らない人も多いような気がします。

基本的に栄養は食事から摂るものであると考えられているようです。

南国バリ島はフルーツが豊富なので日常的に食す為、知らず知らずのうちに十分なビタミンの摂取が出来ているのかもしれませんね。

しかし、バリ島を含むインドネシアの人たちがとても重視しているのがSUSU(ミルク)

乳幼児はもちろん、小中学生から妊婦さん、お年寄りまで栄養と言えばSUSU

スーパーの棚には年代別の粉ミルクの箱が驚くほどたくさん並んでいます。

最近はミルクだけでなく、オレンジジュースなどのパウダーなどもミルクと同様の栄養価の商品として売られています。

筆者が個人的におススメのオレンジジュース味の飲むサプリがコチラ

Hilo Joint+ ハイロージョイントプラス(25g×6袋入り)

1x1.trans インドネシアの飲むサプリ【関節編】

年齢を重ねた方だけでなく、スポーツで関節を酷使する方やカルシウム不足が気になる方にもおススメの粉末ドリンクです。

グルコサミン・コンドロイチン・オメガ3・カルシウムがバランスよく配合。

そして特筆すべきはそのお味。

粉ジュースとは思えない、ましてや健康飲料とは思えない美味しさ。

インドネシアの粉ジュースは激甘なものが多い中、甘さ控えめで程よい酸味。

香り立つオレンジの香りがまるでフレッシュジュースのようです。

これなら毎日続けられそう。

価格も1杯50円前後でお手頃ですね。

カルシウム不足の予防にもいかがでしょうか?

 

 

これいいかも。砂糖別包のインスタントコーヒー

バリの人たちはコーヒーが大好き。

バリ人の家庭では、朝起きて朝食前にゆっくりとコーヒーとジャジョォ(バリのお菓子)を頂くのが一般的です。

朝、コーヒーを飲まなかった日は「Pusing Kepala」(頭痛がする)と言うバリの人たちも多いほど。とりわけ女性よりも男性が好んでコーヒーを飲むように思われます。

一般的には【Kopi Bali】と呼ばれるローカルのコーヒーが好まれます。

細かいパウダー状になっているバリコーヒーをグラスに適量入れ、お砂糖をたっぷり入れ、そのままお湯を注ぎます。

よくかき混ぜ、コーヒーの粉が底に沈んでから頂きます。

バリの一般家庭で出してもらうこのコーヒー。

甘いんです。とにかく甘い。お砂糖がたっぷり入れられています。

そしてローカルワルンなどで出されるコーヒーは写真のような分包タイプになったものにお湯を注ぐだけ。

1x1.trans これいいかも。砂糖別包のインスタントコーヒー

分包にも最初からお砂糖がたっぷり配合されていますので、これまた甘いんです。とにかく甘い。

様々な種類の分包コーヒーがありますが、日本人的にはどれも全て甘すぎます。

新発売の【TORA BIKA Creamy Latte】

1x1.trans これいいかも。砂糖別包のインスタントコーヒー

なんと、お砂糖が別分包!

好きな甘さに自分で調節できるんです。

これは全てが激甘のインドネシアでは画期的!

筆者もさっそく試してみましたが、ちょうど良い甘さのカフェラテが出来上がりました(^^♪

ノンシュガー派の方にも嬉しいですね。

甘くないインスタントコーヒーをお探しの方、是非一度お試しください(^_^)/~

 

 

インドネシアの生姜蕩【Jahe Wangi】と美味しいコーヒー

インドネシアではジャムゥという民間療法がとてもポピュラーです。

ジャムゥとはインドネシアに自生する自然の食物を調合して作る漢方薬のようなお薬で、飲みぐ薬や塗り薬などその種類も様々。

特に、南国インドネシアではショウガ科の食材が豊富に使われる事が多いようです。

バリ島でも生姜は日本と同じように体を温める食材として、料理や飲み物に使われています。

バリ島は常夏の島ですが、季節や場所によっては朝晩は肌寒く感じる事もあるのです。

そんな時、体を温めてくれる飲み物がコチラ。

1x1.trans インドネシアの生姜蕩【Jahe Wangi】と美味しいコーヒー

インドネシアの生姜蕩【Jahe Wangi】

Jaheはインドネシア語で生姜、Wangiは匂い、香りの良い等の意味。

日本の生姜蕩よりも生姜が濃く、そして甘~いです(~_~;)

でもすぐに体がぽかぽか温まります!

寒い季節のお土産にも良いのではないでしょうか?

そして、インドネシアでとてもよく売れているインスタントのWhite Coffee

1x1.trans インドネシアの生姜蕩【Jahe Wangi】と美味しいコーヒー

こちらは1杯分の分包タイプ。
カップに入れてお湯を注ぐだけですが、薫り高くコクのあるWhite Coffeが味わえます。

お砂糖入りですので甘いですが、寒い日には甘くクリーミーなコーヒーも美味しいですね。

またアイスにしてもアイスカフェオレのようでとても美味しいですよ。

ちなみにパッケージの左下に書かれている

BELI 3  GRATIS 1

という意味は3個買うと1個無料、すなわち3個の値段で4個Getできますよ、という意味です(*^^)v

インドネシアではポピュラーなこのサービス、ちょっと得した気分になりますね。

両方ともスーパーやコンビニで比較的簡単に手に入りますので、ちょっとしたお土産におススメです。

 

 

 

インドネシア人の収入

インドネシアの庶民のおやつ「KUE PUTU」クエプトゥ

もともとはジャワのトラディショナルなお菓子だそうですが、バリでも移動販売で買うことが出来ます。

午後~夕方の少しお腹が減ったなぁ・・と感じる時間帯に自転車やバイクでポ~という音を鳴らしながら売りに来る、何ともほのぼのとした移動式おやつ。

昔の日本の焼き芋屋さんを思い出します。

1x1.trans インドネシア人の収入

パンダンで色付けした米粉を蒸した生地を竹筒に詰め、真ん中にグラメラ(ヤシ砂糖)を入れて簡易蒸し器で温めてくれます。

1x1.trans インドネシア人の収入

最近はプラスティックのパイプで代用する事が多いようですが、竹筒を使うのがトラディショナルです。

1x1.trans インドネシア人の収入

お水が入った一斗缶を下からガスで温めて蒸気を出しています。

缶の上には小さな穴が開いていて、その上に竹筒を並べて温めていくという方式。

そしてその蒸気を利用して煙突のような部分からぽ~という音を出しているのですね。

少し時間がかかるので、作ってもらってる間におじさんと会話を楽しみます。

東ジャワから出稼ぎにやって来ているというこのおじさん。

家族は奥さんと子供3人の5人家族で、家賃約5000円のローカルコス(アパート)暮らしです。

食べ盛りの子供を抱えてお金がかかるんだよ・・と言ってました。

6時に起きて仕込みをし、仕込みが終わると1時間ほど昼寝。

その後準備をして13時半頃にコスを出発します。

14時から20時頃までデンパサールのローカルエリアを回って移動販売するそうです。

1日分、全部売り切れれば3000円ほどの収入になるとか。

一人前5,000ルピア(約50円)で売っているKUE PUTU、このおじさんは一日に60人ものお客さんにこのお菓子を売ってるのですね。

でも雨季はやはりかなり収入が減るそうです。

一カ月9万円も収入があるの?と聞いてみましたが、毎日売り切れる訳でもなく、平均して5万円ぐらいとの事。
そこから材料費や経費を引いて、5人家族の生活費やバイクのローンの支払いやジャワの実家への仕送りをすると、ほとんど残らないと言ってました。
そして最近のバリの物価の高さに嘆いておられました。

収入のほとんどを仕送りをしてジャワの大家族の面倒を見ているそうです。

家族の為に田舎から出稼ぎに来て長時間頑張って働いているお父さん。

南国の人は働かない・・なんてイメージがあるようですが、実際にはとても頑張って働いている人がたくさんいるのです。

毎日休みなしで仕事をしているこのおじさん、「もっと家族との時間が欲しいよ」と爽やかな笑顔で言っていたのが印象的でした。

1x1.trans インドネシア人の収入

ココナッツフレークをたっぷりかけて頂くKUE PUTU

どこか懐かしく優しいお味です。

遠くからぽ~という音が聞こえてきたら是非一度呼び止めてみてください。

 

 

南国特有の症状【パナスダラム】には・・

南国バリ島では日本では聞きなれない症状により体調を崩す事があります。

PANAS DALAM(パナスダラム)

直訳するとPANAS=熱い、DALAM=中

体の中が熱い→体の中に熱がこもっているような状態の事を指します。

特に12月頃から3月頃の雨季の暑い日にはこのパナスダラムの症状になりやすいらしく、注意が必要なんだとか。

気候だけでなく、脂っこい物や辛い物の食べ過ぎでもパナスダラムになり易いそうです。
インドネシア人の食生活を考えると、パナスダラムになり易そうですね・・・(*_*;

具体的な症状は、熱っぽい、胃もたれ、胸やけ、食欲不振、喉の痛み、口内炎など、、、なんだか少し夏バテの症状に似ていますね。

こんな時、ローカルインドネシア人はどうするのでしょう。

水をたくさん飲んで、十分な休養をするというのが基本のようです。

でも即効性を期待して、パナスダラム用のドリンクを飲む人も多いようですよ。

インドネシアではパナスダラムは日常的に起こりうる症状なので、専用のドリンクがたくさん発売されているのです。

最も有名なのがこのLARUTAN KAKI TIGA(ラルタン カキティガ)というドリンク。

なぜかサイのイラストのラベルがインパクト大!

1x1.trans 南国特有の症状【パナスダラム】には・・

色々なフレーバーがあり、あまり甘くなくとても飲みやすいので、バリ島旅行中に「ちょっと夏バテぎみかも」なんて感じた時にはおススメです。

アイソトニックウォーターのような、味付きミネラルウォーターのような、、、そんな感じです。

スーパーやコンビニなどで簡単に手に入ります。

そして長期滞在の方など、家庭でお手軽にパナスダラム対策をしたい方には、お水に溶かして飲む粉末タイプやタブレットタイプがおススメ。

ラルタンよりも経済的なので毎日飲めます。

色々な種類がありますが、全て微発砲で似たような爽やかなお味です。

1x1.trans 南国特有の症状【パナスダラム】には・・

常夏の国で生まれ育ったローカルインドネシア人の夏バテ対策、真似してみるのもいいかもしれませんね(*^^)v

バリで体調が優れない方、是非一度お試しください!