Category Archives: お祭り・イベント情報

バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

7月11日までデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)

ハイレベルなバリ舞踊などのバリ芸能が毎日無料で楽しめる年に一度のお祭りです。

PKB(バリアートフェスティバル)のレポート記事はコチラ

でもローカルの方達のPKBのもう一つの楽しみはと言うと・・・

バリ島各地のゴールド・シルバー・バトゥアキッ(宝石)のお店がアートセンターに集結する事なのですね。

アートセンターの敷地中部分の建物「クシラルナワホール」の1階部分が展示場です。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

建物内の中央部分に大きな池があり、休憩所にもなっています。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

毎年大人気のバリコスメ店「Bali Tangi」もここに入っていました。
今年はスペース縮小のようです。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

女性向けのアクセサリーの人気店はいつも人でいっぱい。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

バリらしいエキゾチックなデザインが揃います。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

シンプルなシルバーアクセサリーのお店。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

そしてバリのBapak-Bapak(殿方)のお目当てはコチラ。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

人が多すぎて写真が撮れず・・・(-_-;) 隙間から盗撮。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

Batu Akik(宝石)屋さんでした。

インドネシアの男性は宝石が大好きな人が多いのです。

若い子はそうでもありませんが、オトナの男性は大きな宝石入りの指輪をしてる方も少なくありません。

このPKB会場の中だけでこの石屋さんが何軒もあります。
宝飾コーナーのこの展示場は、どちらかと言うと女性より男性の方が多い印象を受けるほど(~_~;)

平日の昼間だというにもかかわらず宝石屋さんはどこもかしこも超満員です・・・・・。

自由なお金持ちの男性も多いのが、最近のバリ島。

そしてお腹が空いたらバリ料理のフードコートに行きましょう。

クシラルナワホールの「Bali Tangi」のお店側から出てこの橋を渡ります。
橋を渡った左手に見える建物がWantilan(ワンティラン)という室内ステージです。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

STAND KULINER(グルメコーナー)という矢印が出ています。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

ワンティランを通り過ぎた所に入口があります。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

例年に比べて随分狭いスペースで、昼間はとても暑くゆっくりできません。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

メニューは今年はローカルバリ料理ばかりなので、観光客の方にはちょっとハードルが高いかも・・・。
しかしナシゴレンやミーゴレンはありませんが、大体どこのお店でもナシチャンプルはあります。
ただしローカル向けの味付けなので、かなり辛いので覚悟が必要です(笑)

辛い料理が苦手な方には、以前ブログでも紹介したローカルおやつ「LakLak」なども出店しています。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

焼きたてが食べられます。

1x1.trans バリで金・銀・宝石をお探しならPKBへGO!!

今年は色々と出店規制があったらしく、例年に比べて会場内は閑散としていて少し寂しい気がします。

でも例年通り、金・銀・宝石・クバヤなどは豊富に揃っていますので、目的を持って来られる方にとってはやはり楽しいのでしょうね。

 

アートセンター(Taman Budaya Bali)

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar Bali

PKB開催中の開園時間 9時頃~24時頃(プログラムにより異なる)

7月11日(土)まで無休

 

 

今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

ゴールデンウィークでバリ島にお越しの方も多いですが、今年のGW期間、バリの人たちにとってとても重要な日が続いてるのです。

バリヒンドゥーの暦で210日ごとに巡ってくるヒンドゥーの祝日。

今年はたまたま日本のGW期間と重なってるという訳です。

【5月2日はHari Saraswati(サラスワティ)】

1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

学問・芸能の女神サラスワティに祈りを捧げ、バリの人々はお寺にお祈りに行きます。
特に学生たちにとっては大変重要な日とされ、学校はお休みですが正装をして学校に行き、お祈りをします。
教科書や様々な本を積み重ねた上に特別なお供え物をしてお祈りをします。この日は読み書きが禁じられるため、ヒンドゥーの社員が多い会社はお休みになります。

【5月3日はBanyu pinaruh(バニュピナロ)そしてHari Purnama(満月)】

学問・芸能の女神サラスワティの恩恵を受ける為、人々は早朝から沐浴場や川や海に行って沐浴をし、身を浄めます。
この日に沐浴をすると女神サラスワティのように美しく賢くなれると信じられています。
バリ芸能の上達を目指す若手の踊り子さんたちも、こぞって沐浴をしに行くようです。

本日朝6時頃のサヌールビーチ。沐浴をする人たちの人数は5時頃がピークでした(まだ真っ暗です)
1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

また満月と重なりますので、夜はお寺にお祈りに行く人も多く、バリの人たちは早朝から夜まで慌ただしい一日となります。

【5月4日はSoma Ribek(ソマリバッ)】

1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

稲の女神デウィスリに感謝を捧げお祈りをする日です。
稲の豊作、日頃お米を食べれる事に感謝し、米俵や米びつに特別なお供えをし、お祈りをします。

【5月5日はSabuh Mas(サブッマス)】

1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

富や財産を与えて下さったマハデワ神に感謝と祈りを捧げる日です。
金・銀の装飾品、宝石、お財布などに特別なお供えをし、お祈りをします。

【5月6日はPagerwesi(パガルウェシ)】

1x1.trans 今年のGW期間、バリ島はお祭り三昧

ガルンガン、クニンガンの次に重要とされているバリヒンドゥーの祝日です。
鉄の柵という意味がありますが、神様に守って頂いている事に感謝し、この世の調和が保たれるように祈りを捧げ、たくさんのお供え物を捧げてお祈りをします。
特にバリ島北部では大きなお祭りが執り行われるそうです。

この期間は特にバリの女性は連日お供え物作りとバンタン(お供え)に追われ、忙しい日々を過ごします。

また普段にも増し、クバヤを着てお供え物を運ぶ女性やお寺にお参りに行く正装姿の人たちの姿も多く見られる事でしょう。

GW中にバリに滞在中の方は、素晴らしいバリ島文化を目にする機会が多くラッキーですね(*^^)v

少しだけバリヒンドゥー教の事をお勉強すると、バリ島滞在がより一層楽しくなりますよ。

 

 

 

2015年バリアートフェスティバル(PKB)

今年もそろそろあの時期が近づいてまいりました。

バリアートフェスティバル。

通称PKB(ペーカーベー)

Pesta(フェスティバル)Kesenian(アート)Bali のインドネシア語の頭文字を取ってPKBです。

今年は第37回。

開催期間は6月13日(土)~7月11日(土)の約1か月間。

期間中、会場となるデンパサールアートセンターは毎日大勢の人たちで賑わいます。

1x1.trans 2015年バリアートフェスティバル(PKB)

プログラム詳細はまだ発表されていませんが、今年も最高峰のバリ舞踊やガムランなどバリ島の民族芸能が無料で楽しめます。

昨年のバリアートフェスティバルの様子はコチラから↓↓

PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

この期間内にバリ島を訪れる予定の方は、是非一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

観光地では決して見る事の出来ないローカルの人々の娯楽がここに集結しています(*^^)v

アートセンター

Jl.Nusa indah no1 Denpasar

アートフェスティバル開催中の営業時間は9時頃~23時頃まで

入場料:無料

 

バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

バリ島の伝統芸能・バリ舞踊。

バリ舞踊と一言に言っても、古典舞踊から創作舞踊までその種類は様々です。

実はバリでは毎年のようにガムラン作曲家とバリ舞踊家により新作舞踊が作られているのです。

その中でも有名なガムラン作曲家による新曲は有名な舞踊家によって振付され、PKB(バリアートフェスティバル)などでお披露目された後、じわじわと拡がっていくのですね。

デンパサールのアートセンターはバリ芸能の中心地。

アートセンターに所属する作曲家や舞踊家によって作られた新作舞踊は比較的すぐに人気が出てバリ島内の学校やサンガル(教室)で子供たちに伝授されていく事が多いのです。

その理由は・・・

新曲が出る度にバリ中の踊りの先生方に向けての無料練習会があるからなのです。

先日デンパサールのアートセンターで行われた新作舞踊の練習会。

1x1.trans バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

アートセンター入り口には1週間ほど前から巨大な看板が掲げられていました。

新作舞踊練習会
バリ島内の中学、高校、専修学校、バリ舞踊教室の先生方対象
曲名「TARI SUNDARAM」「PALAWAKYA」
と書かれています。

「TARI SUNDARAM」は2012年にアートセンターで作られた新作舞踊。

1x1.trans バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

色鮮やかな衣装と柔らかな女性らしい美しい動きが特徴の舞踊です。

アートセンターのイベントでは時々登場しますが、一般的にはまだ浸透していないと思われるこの新作舞踊の練習会に100名以上のバリ舞踊の先生方が参加されました。

1x1.trans バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

1x1.trans バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

4日間の練習会、そして最終日は実際に衣装を着けて成果発表会となります。

今回の発表会は残念ながら観に行けませんでしたが、一般人の見学は自由でバリ舞踊の先生方の発表会という貴重な場面を見る事ができます。

こちらは2年前の「Gadung Kasturi」という新曲の成果発表会での先生方の姿。

1x1.trans バリ舞踊・新作舞踊はこうして伝授されていきます

伝統芸能の継承に熱心なバリの人々。

この様にして新作舞踊が先生方に伝授され、そして子供たちに受け継がれどんどん拡まって一般の人々にも浸透していくのですね。

この素晴らしいバリ島の伝統文化がずっと変わらず続きますように。

 

 

 

バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】は全ての鉄製品に感謝し、祈りを捧げる日です。
210日毎に巡ってくるこの【Tumpek Landep】
2014年は3月22日と10月18日に行われました。

かつては鍬や鎌などの農耕器具や包丁など、そして神聖な剣などにお供えをするのが主だったそうですが、現代では一般的に車やバイクにお供えをする日として浸透しているようです。

バリヒンドゥーにはPande(パンデ)と呼ばれる家系の人たちがいます。

Pandeとは鍛冶屋を先祖に持つ親族集団の事を指しますが、かつて神聖な剣(クリス)や特別なパワーを持つ鉄製品を作りだす能力を持つ人たちとして、崇められ尊敬されていたと言います。

1x1.trans バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

バリヒンドゥーには4つのカスタ(カースト)が存在し、Pandeは階級的には一応スードラに属しますが、実際にはカーストに属さない特別階級として扱われています。

そのPandeの特別階級の人たちにとって【Tumpek Landep】は重要なお祭りなのです。

Pandeの家系の【Tumpek Landep】のお祭りにお邪魔しました。

親族が本家のムラジャン(屋敷寺)に集まり数日前からたくさんのお供え物を作り、当日のお祭りに供えます。

こちらはお供え物の極一部。

1x1.trans バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

1x1.trans バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

お祭り当日は朝からムラジャンにたくさんのお供物を供え、親族一同でお祈りをし、その後場所を移動し、包丁や農耕器具や剣、バイクや車などのウパチャラが行われます。

1x1.trans バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

1x1.trans バリヒンドゥーのお祭り【Tumpek Landep】

Pandeの家系の人たちにとって、この日は早朝から夜まで一日仕事です。

そして数日間かけて一生懸命作った手作りのお供え物やお花は、お祭りが終わると容赦なく捨てられ燃やされるのですね(>_<)

バリ島では地域によってかなり文化も違いますので、儀礼などの進め方については必ずしもこの通りではないかもしれませんが、バリヒンドゥーの方達が神様に感謝する気持ちはきっと一つでしょう。

本当にバリの方々の信仰心には毎回、いや毎日感心しています。

機会があればバリヒンドゥーのお祭りや儀礼に参加してみてくださいね。
きっと驚きと感動の連続です(*^^)v

 

 

バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

バリヒンドゥーはお葬式を盛大に行う宗教としても有名です。

バリ島カーチャーター、観光ツアー中の車窓からお葬式行列を見た方もいらっしゃると思いますが、まるでお祭りの神輿のような行列は一見の価値ありです。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

これらは一般庶民の小さめのPage(パグゥ/パゲ)=死者を運ぶ神輿のようなものですが、王族のものはBade(バドゥ/バデ)と呼び名も変わり、天に向かって伸びる数十メートルにも及ぶ塔型の立派なものになります。

でもこのお葬式行列は実はバリヒンドゥーの葬儀のごく一部にしかすぎません。

今回はその後の一般庶民(スードラ階級)の合同葬式についてレポートしてみました。

合同葬儀とは、必要最小限の儀礼を終えただけの状態で保存されているそれぞれの遺体を、村の他の死者と合同で行う儀礼です。
地方により、また状況によっても異なりますが数年に一度の事が多いようです。

「ニュカ」と呼ばれるこの儀礼は祖霊神化の儀礼、すなわち人間の魂を神様に戻す為の人生で最後で最大の儀礼でもあります。

村中のたくさんの死者を祀っています。お供え物の数が半端ではありません。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

遺体は既にそれぞれ火葬されているので、変わりにアドガンと呼ばれる個々の供え物を供えてあります。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

遺族が探しやすい様、それぞれ亡くなられた方の名前が記入され番号が振られています。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

合同でスンバヤン(お祈り)をした後、それぞれのアドガンを遺族の女性が頭上に載せて広場まで運びます。
遺族ごとに集まり、その場でアドガンを分解して灰になるまで燃やします。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

広場中いたる所で煙が上がり、とても目を開けていられません。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

全て燃え尽きたら灰を椰子の実の中に入れ、アングパンと呼ばれるお供え物を作ります。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

儀礼用の布で装飾し、遺族の女性が一旦元の祭壇に戻し、合同でスンバヤンを終えた後再度運び出します。そしてその行く先は・・・海です。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

深夜3時の海で、最後の儀式は行われます。観光客が知る由もない真夜中の儀式です。

1x1.trans バリヒンドゥーの合同葬儀【ガベンマサル】

聖水をかけ、お祈りを終えた後、遺族の手によって海へと放流されるのです。

これで無事に人生最後の儀式を終えた死者の魂は、ようやく家寺に入る事ができるのだそうです。

時には朝まで夜通し行われるこの儀式。

多くの家族、親族に見守られ幸せに一生を終えるバリヒンドゥーの人たち。
自分の人生についてあらためて考えさせられた一日でした。

知れば知るほど奥が深いバリヒンドゥーの世界。
この宗教感こそが魅惑的なバリの文化を創造しているのです。

あなたも機会があれば一度バリの宗教文化に触れてみませんか?

※ 葬儀以外にもバリ島ではいろいろな宗教行事が行われています。バリ島でカーチャーターを利用する方、またバリ島観光ツアーに参加の方は、ドライバーとご相談の上で車を止めて見学してみてください。

 

PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

6月13日から7月12日までデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)バリ島カーチャーターを利用して観光する方は立ち寄ってみてはいかがですか。

バリではこの時期子供たちの学校はお休みです。なので終日家族連れで賑わうアートセンター。

お買いもの目的のお母さんとは別に、子供たちのお目当ては屋台の綿菓子だったりする訳です、可愛いですね。一袋5000ルピア(50円弱)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

そして市場のようなローカルお買いものゾーン(Pasarゾーン)の奥にはちょっとした簡易遊園地があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

毒毒しいタコの遊具・・・こ、怖い・・・(~_~;) ちなみにコチラは数年前の遊具の画像で今年はありませんでした(見た目が怖すぎて子供たちに不評だったのでしょうか・・)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

自分の子供はあまり乗せたくないと思う簡易観覧車(筆者の偏見です)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

巨大なプールに浮かぶ足漕ぎボートが人気のようです。しかし初日は透明だった水が、どんどん濁ってきています・・。汚いけどバリの子供たちは気にしません(^_^;)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

そしてその手前にはスマートボール的なものや・・・

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

ん?これは何でしょう?「3枚のプレートで赤い丸を隠そう」と書いてます。1回2000ルピア(約20円弱)3回5000ルピア(約50円弱) 景品は一人1個(選べます)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

「こんなの、簡単でしょ??」と思って見ていると・・・

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

あれ?誰もできません。微妙に数ミリ赤がはみ出るようです。お店の人がお手本を見せてくれるのですが、何かコツがあるのでしょうか?

ムキになって何度もTRYしているお兄さんがいました。どこの国でも同じですね(^_^;)

あなたも一度地元の人たちに交じってTRYしてみませんか?

 

バリアートフェスティバル2014(PKB)@アートセンター

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

期間中の開園時間 9:00頃~23:00頃(当日のプログラムにより異なる)

バリ島観光の合間に、バリの人達の娯楽や生活に触れてみるのもいい機会ですね。バリ島旅行者の方が多く滞在しているレギャン、スミニャック、ヌサドゥア、クタからでも近い場所ですので、バリ島カーチャーターの途中で寄り道することもできます。

 

PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

6月13日から7月12日までデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)期間中にバリ島カーチャーターをご利用の方はお立ち寄りください。

1か月の開催期間中はバリ舞踊やガムランなどの芸能が毎日無料で楽しめますが、地元のバリの人々の楽しみは芸能鑑賞だけではありません。

お買いもの。

期間中はPKB会場内全てがショッピングゾーンと化します。シルバーやゴールドの高級アクセサリーから数万円もするソンケット(バリの高級手織り布)やクバヤ(バリの女性の正装)など、高級な商品を取り扱うお店から、Pasar(市場)価格の激安商品やローカルな日用品を取り扱うお店まで揃わない物はないのでは・・と言うくらい色々なお店が出ます。

高級品を取り扱うブティックゾーンは主にGedung Ksirarnawa(クシラルナウォビル)の1階部分のお店(建物内の中央部分に大きな噴水池の広場があります)とPanggung Terbuka Ardha Candra(アルダチャンドラ野外ステージ)下の1階部分です。

こちらは撮影禁止のお店が多いのでレポートは省略して、ローカルバリ人で終日にぎわうPasar(市場)ゾーンをご紹介しましょう。

まずPasarゾーンに行く入口の手前に臨時のBRI銀行があります。ATMも設置されていますし両替も出来るそうなので便利ですね。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

子供用の安い既製品クバヤなども売っています。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ローカルの若者に人気のTシャツブランド「UROCK BALI」

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ワヤンクリッのお店やバリ絵画のお店

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

サッカー大好きインドネシア人、各国のユニフォームが激安です。男性用のお土産にいかがでしょうか?

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

サンダル屋さんはたくさんあります。こちらは男性用の靴が充実してますが、女性用のミュールやサンダルが充実しているお店もたくさん。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

バリらしくバティックの服屋さん。子供用ワンピースは可愛くて涼しそう。しかも激安です(^_-)-☆

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

下着が激安!ブラジャーだって100円ぐらいからあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

バッグ。小物ポーチや財布は10000ルピア均一(約90円弱)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

派手な柄やキャラクターが大好きなバリではかなり珍しいシンプルな子供服。ブランド名は「bebe」らしい・・。ん?どこかで聞いたような?

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ありえない価格の激安クバヤ屋さん発見!しかし品質の方は・・・一目見て安物とわかるほど残念なお品。あまり買っている人はいません(~_~;)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

インドネシア人の女子、子供が大好きなぬいぐるみ。バリの女の子にプレゼントするときっと喜ばれますよ。10000ルピア(約90円弱)からあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

おもちゃ屋さん。バリらしくおもちゃのガムランなどがありますね。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

お土産用のWoodキーホルダー。その場で無料で名前を入れてくれます。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

Pasarゾーンではほとんどのお店がワゴンに値段を明記していますので、値段交渉の必要もなく買い物がしやすいです。

他にもキッチン用品や、雑貨、調味料、家具などなど、色んなものがローカルプライスで売られています。

Pasarゾーンの足元は段差や凸凹が多いので転ばないようにお気を付けくださいね。歩きやすい靴を履いて行くことをお勧めします。

そして、夜は大変混雑しますのでスリなどには十分お気をつけくださいませ。

次回はグルメゾーン、プレイゾーンのご紹介です。

バリアートフェスティバル2014(PKB) @アートセンター

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

PKB期間中の開園時間 8:00頃~23:00頃(当日のプログラムにより異なる)

※バリアートフェスティバルには、格安なお値段でご案内ができるバリ島カーチャーターが便利です。会場はバリ島の中心地デンパサールですので、ヌサドゥア、サヌール、レギャン、スミニャック、クタエリアからも近く観光の途中で寄ることができます。ご利用料金などバリ島カーチャーターのページをご覧ください。

 

 

 

PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

6月13日からデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)

あっという間に2週間が過ぎてしまいましたが、閉会式は7月12日(土)ですのでまだまだ2週間楽しめますよ。

タクシーやバリ島カーチャーターで行く場合は「アートセンター」や「バリアートフェスティバル」あるいは「ペーカーベー(PKB)」で通じますが、期間中は直行バスも出ています。

バリ島カーチャーターご利用案内
4時間   3500円
6時間    4500円
8時間   5500円
10時間  6000円
12時間  6500円  バリ島を格安なお値段で車チャーターができます。クタ、レギャン、スミニャック、クロボカン、ヌサドゥア、サヌール、ウルワツ、ウブド中心地での発着となります。

またRenon広場の東側に観光バス用の大きな駐車場があるのですが、その前に発着する無料シャトルバスを利用するのも便利です。交番や消防署の並びが停留所です。

↓PKB会場で撮影したシャトルバス。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

PKB会場内アートセンターは広大な敷地に、いくつかの建物(Gedung)と舞台(Panggung/Kalangan)があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

敷地内の見取り図の番号順に画像でご紹介しましょう。

1.正門(出入口)正門前には警官詰所があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

2.Panggung Terbuka Ardha Candra(アルダチャンドラ野外ステージ) 主に20時以降のメインイベントが行われる壮大な野外ステージです。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

3.Kalangan Ratna Kanda(ラトナカンダステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

4.Kalangan Angsoka(アンソカステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

5.Panggung Terbuka Ksirarnawa(クシラルナウォ野外ステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

6.Gedung Ksirarnawa(クシラルナウォ室内ステージ) 唯一エアコンの効いた室内ステージです。ちなみにこのステージ入口(2階)のトイレがアートセンターの中では一番綺麗です。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

7.Wantilan(ワンティランステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

8.Kalangan Krya(クリアステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

9.Musium(ミュージアム)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

10.Kalangan Ayodya(アヨディアステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

11.北門(出入口)ここからシャトルバスが出ています。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

たくさんのステージがありますので迷子にならないように、見取り図を頭に入れていざ出陣!

さて、次回はショッピングゾーンのご紹介です(^_^)/~

バリアートフェスティバル2014(6月13日~7月12日)

アートセンター Jl.Nusa Indah no.1 Denpasar

期間中以外でバリ舞踊のステージをご覧になる場合は、バリ島観光ツアーがお得です。
※ 基本コースのウブドツアー      バロンダンス鑑賞
※ 基本コースのウルワツ寺院ツアー ケチャックダンス鑑賞
短時間コースでのバリ舞踊鑑賞付きバリ島観光ツアーです。その他にも、ウブド・キンタマーニ満喫ベーシックツアー、ウブド・ブサキ得ツアーにもバリ舞踊鑑賞ツアーがありますので、観光ページをご覧ください。

観光ツアーの他に、格安なバリ島車チャーターでもバリ舞踊鑑賞ができますので詳しくはお問い合わせください。

 

【レゴンダンサー】舞台前の祈り

優雅でしなやかなのに力強く神秘的、またその豪華で煌びやかな衣装や芸術的なメイクで観る人を魅了して止まないレゴンダンス。バリ島の各地で行われているバリ舞踊はバリ島を訪れる旅行者にとても人気があります。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

バリ島に来られる方は目にされる機会も多い事でしょう。バリ舞踊を鑑賞する観光ツアーもありますので、後ほどご紹介します。

レゴンダンスとはバリ舞踊全体の中の踊りの一種で、元々は貴族の儀礼の為に奉納された宮廷舞踊の事を指します。

一言にレゴンダンスと言っても様々なバリエーションがあり、それぞれの物語によって曲や振付、衣装も変わってきます。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

一般的に観光地などで踊られるレゴンはLegong KratonあるいはLegong Lasemと言う3人の少女のよる構成のレゴンダンスです。

新作レゴンダンスも年々増え続け、現在ではそのバリエーションは30種類近くあると言われています。

バリ舞踊のダンサーたちは、舞台で踊る前には必ず神に祈りを捧げます。お祈りをし、マンクー(バリヒンドゥー教のお坊さん)から聖水を頂き、身を浄めてから舞台に上がるのです。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

お祈りは舞台の裏側や敷地内のPuraにて行われるので、あまり観光客が目にする機会はないかもしれません。こちらの画像はPKB(バリアートフェスティバル)での一コマ。

今回の演目はLegong Jobog(レゴン・ジョボグ) 猿の姿をした王・スバリとスグリオの兄弟が戦うシーンがメインになったラーマヤナ物語の一部からなる舞踊です。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

激しく戦うシーンがこのレゴンジョボグの見どころです。

レゴンダンスはPKBの期間中、アートセンターで何度も観る機会がありますよ(無料)

プログラムに【Semar Pagulingan】または【Legong~】と記載されている演目でレゴンダンスが観れます。

6月19日(木)11:00~ AYODYA STAGE

17:00~ AYODYA STAGE

6月21日(土)17:00~ AYODYA STAGE

6月24日(火)17:00~ AYODYA STAGE

7月7日(月)14:00~ ANGSOKA STAGE

但し、良い席で観覧する為には遅くても30分前には客席に行き、席を確保される事をお勧めします(^_^;)

観光用でないレゴンダンスを観てみたい方は是非一度アートセンターに足を運んでみてください。

Art Center(Taman Budaya Bali)

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

開演時間:9:00~23:00(7月12日までのPKB期間中)

バリ舞踊がセットになったお得なバリ島観光ツアーのご紹介です。
※ 基本コースのウブドツアーでは、ゴアガジャ遺跡、アシタバ工場、バロンダンス鑑賞、ランチ
※ 基本コースのウルワツ寺院ツアーでは、ショッピング、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、シーフードBBQ
※ ウブド・キンタマーニ満喫ベーシックプランCでは、ゴアガジャ遺跡、キンタマーニ高原、テガララン・ライステラス、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、ジンバランのシーフードBBQ
※ ウブド・ブサキ得ベーシックプランでは、ブサキ寺院、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、ジンバランのシーフードBBQ

上記のバリ島観光ツアーでしたら、バリ舞踊鑑賞と一緒に観光もできます。なお格安なバリ島車チャーターでもご案内ができます。