Category Archives: 観光情報

清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

バリ島に旅行に行ったら何を食べようかな・・・♬

美味しい食事も旅の大きな楽しみですよね。

日本人観光客に最もポピュラーな食事メニューと言えば、日本でもおなじみのナシゴレン(焼き飯)ミーゴレン(焼きそば)ですが、色々な味が楽しめるナシチャンプル(ワンプレートご飯)も人気メニューです。

サヌールのJL.Pantai Sinduのパサール(市場)近くに可愛いワルンがOPENしました。

Warung Santai(ワルンサンタイ)

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

Santaiとはインドネシア語でリラックスという意味。

この辺りでは珍しくエアコンの効いた涼しい室内席もあります。

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

ナシチャンプルはPaket(セット)が選べます。

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

ご飯も白米・ターメリックライス・赤米の3種から選べます。

【Paket A】ご飯+野菜3種類を選んでワンプレートに乗せてもらい、お値段23,000ルピア(約230円)

【Paket B】ご飯+お肉1種類+野菜2種類を選んで、お値段27,000ルピア(約270円)

と、お手頃価格です。

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

1x1.trans 清潔でお洒落な【Warung Santai】@サヌール

ナシチャンプルの他にも色々なメニューがあります。

清潔で涼しく大変居心地の良いワルンでした。

 

Warung Santai

Jl.Pantai Sindu Sanur

 

 

 

 

2015年バリアートフェスティバル(PKB)

今年もそろそろあの時期が近づいてまいりました。

バリアートフェスティバル。

通称PKB(ペーカーベー)

Pesta(フェスティバル)Kesenian(アート)Bali のインドネシア語の頭文字を取ってPKBです。

今年は第37回。

開催期間は6月13日(土)~7月11日(土)の約1か月間。

期間中、会場となるデンパサールアートセンターは毎日大勢の人たちで賑わいます。

1x1.trans 2015年バリアートフェスティバル(PKB)

プログラム詳細はまだ発表されていませんが、今年も最高峰のバリ舞踊やガムランなどバリ島の民族芸能が無料で楽しめます。

昨年のバリアートフェスティバルの様子はコチラから↓↓

PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

PKB(バリアートフェスティバル)で遊ぶ!

この期間内にバリ島を訪れる予定の方は、是非一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

観光地では決して見る事の出来ないローカルの人々の娯楽がここに集結しています(*^^)v

アートセンター

Jl.Nusa indah no1 Denpasar

アートフェスティバル開催中の営業時間は9時頃~23時頃まで

入場料:無料

 

サヌールの東京ラーメンごん太2

最近バリ島各地に美味しいラーメン屋さんが増えてきたようですね。

在住者の方はもちろん、旅行者の方にも評判のラーメン屋さんがサヌールにもあります。

東京ラーメンごん太2

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

ラーメンごん太2号店のこちらはダナウポソ通りから、マクドナルドのある交差点のバイパスを越えたダナウブヤン通りに移転しています。

通り沿いで一際目立つ店構えなのですぐに見つかりますね。

お笑い芸人パンサーの菅さんのお父様が経営されているそうですよ。

まずはキンキンに冷えたビンタンビールにお惣菜で乾杯~!

まるで日本の居酒屋にいるようなあっさりメニューがここで食べられます!

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

そしてラーメンと言えばこれ!
餃子!

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

もちもちでパリッと焼き上がった皮が美味しい♪
お肉もジューシー(*^^)v

悩んだ挙句に注文した塩ラーメン。
あっさりなのに旨味があって美味しかったです!

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

味噌味が恋しくて注文した味噌ラーメン。
こちらもしつこくないのにコクがあって美味しい!

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

もちろん定番醤油ラーメンも美味しいですよ。

バクソラーメン、激辛ラーメンなどバリらしいメニューもあります。

ラーメンの他にうどん類もメニューありますので、旅行中にお腹の調子が優れない時などにはとっても助かりますね。

日替わりのお惣菜はメニューに載っていないので、カウンターの写真を見て選びます。

1x1.trans サヌールの東京ラーメンごん太2

他にもたくさんのお惣菜の種類があり、どれも美味しそうでした。

美味しいラーメンや和食が恋しくなったら、一度足を運んでみてください(^_-)-☆

東京ラーメンごん太2

Jl.Danau Buyan Sanur

営業時間:10:00~23:00

 

 

バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

バリ島には古くから伝わる伝統手工芸がたくさんあります。

昔からバリ島のある地方では、女性の仕事は機織り「布を織る」だったと言います。

これはバリ舞踊の「TENUN」という曲の中でも、美しい少女が機を織る動作を踊りにして表現されています。

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

バリ島の伝統織物は主にENDEK(ウンダッ)と呼ばれます(インドネシア語ではIKAT)

ジャワの人々が正装にBATIK(ろうけつ染め)の布を巻くのに対して、バリの人々は正装にはクバヤにウンダッを合わせる事が多いようです。

こちらがENDEK(ウンダッ)↓↓

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

ウンダッは日常的に使う安価でカジュアルな物もあれば、シルクなどを織り込んだ高級な物もあります。

しかし、バリの人々は大きな儀式やフォーマルな場での正装には更に高級な布SONGKET(ソンケット)を身に纏うのですね。

こちらの女性はカマンもバッグもソンケットでバッチリお洒落に決めてます❤

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

ソンケットは熟練の職人が織る大変貴重で高価な伝統工芸品ですが、バリの人々にとっては一生もの、そして家宝として1枚は手に入れたい憧れの布なのです。

カランガッサムのシドゥムン村、クルンクン、シンガラジャなどで織られるソンケットが一般的には有名ですが、その他の地方でも織られています。

今回はクルンクンのソンケット工房にお邪魔しました。

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

1x1.trans バリ島の美しい手織り布【ソンケット】

いかがでしょうか?

この、ため息が出るほど美しい作品の数々。

お好みのソンケットは見つかりましたか?

バリの伝統工芸の素晴らしさに触れて、またバリ文化の奥の深さを実感した筆者でした。

 

 

お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

バリの州都デンパサール。

その中心のガジャマダ通りにあるのがPasar Badung(バドゥン市場)とPasar Kembasari(クンバサリ市場)

布問屋街として観光客にも人気の通り、スラウェシ通りと隣接しています。

スラウェシ通りの布問屋の記事はこちらをご覧ください。
クバヤの生地屋が並ぶデンパサールのスラウェシ通り

Pasar Badungは生鮮食料を扱う市場で、夜から早朝にかけての夜市や朝市で賑わう為、観光客の訪れる昼間には準備中の為、小規模に営業しています。

フルーツやお供え物などはスラウェシ通り側で少し売っていますが、肉・魚・野菜類、またジャジャン(バリのお菓子)などは一部のお店でしか買う事ができません。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

そのPasar Badungとは逆に昼間のみ営業しているのが川を挟んで西側に位置するPasar Kembasari(衣料品、雑貨などの市場)

Pasar Badung前の駐車場よりPasar Kembasariを望む。
この橋を渡った所はもうクンバサリ市場です。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

こちらは逆にクンバサリ市場の4階部分からバドゥン市場を見た所。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

2階~3階部分にはリゾートウェアや夏場のルームウェアにピッタリのワンピース類やTシャツなどが目移りして選べないほどたくさん。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

4階部分には可愛い雑貨がいっぱいで女子ならテンションが上がる事間違いなし!

お土産用アロマグッズ。

 

 

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

バリ猫専門店。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

このバス可愛い❤

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

可愛い陶器のソープディッシュ。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

お部屋をバリ風にアレンジするならこういうのもいいですね。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

SPAを開業されてる方にも♬お花を浮かべる容器だそうです。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

ばら撒き土産用に~(*^^)v

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

ミニミニペンジョールでお部屋のバリコーナーがグッとバリっぽくなりますね。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

持って帰るの大変だけど・・・なんちゃってガムランやゴンなんかもありますよ(~_~;)

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

観光地の小売店も仕入れに来るこのクンバサリ市場。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

スカワティ市場に比べると観光客は少なく、よりローカル色の強い市場です。

スカワティ市場の記事はこちらをご覧ください。
スカワティの市場【Pasar Seni Sekawati】が面白い

外国人価格が基本のスカワティ市場より最初の値段設定が安いですが、上手に交渉して納得のいく価格でお買いものしてくださいね。

 

Pasar Kembasari/Pasar Badung

Jl.Gajah mada Denpasar

 

 

 

 

 

デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

デンパサールの大型スーパーTiara Dewata(ティアラデワタ)第3弾!

第1弾はコチラ
第2弾はコチラ

今回は生鮮食品コーナーをご紹介しましょう。

バリでは基本的にお肉や魚などの生鮮食品はPasar(市場)でしか売っていません。

街中のHardy’s(ハルディス)やカルフールなど大きなスーパーに行けば売っているぐらいで、それ以外では小さな商店(万屋さん的な)でも売っていたりしますが、冷蔵されている訳でもなく管理状態が良くなく外国人が買うには少し勇気がいるのです。

そんな中、ティアラデワタは生鮮食品が充実している事でも有名です。

特に精肉コーナーは色々な種類のお肉が並んでいます。

豚肉、牛肉、ヤギ肉、鶏肉など、、、

そして日本ではあまり見かけない鶏の足や鶏の頭(顔?)なども・・・

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

鶏の足はコラーゲンたっぷりでスープにすると美味しいですが、頭はどうやって調理するのでしょうか・・・(-_-;)から揚げ???

飼い犬の餌にしているという外国人のお話は聞いたことがありますが・・・。

売られているという事は需要があるのでしょうね、、、、(>_<)

お魚コーナー

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

お魚が綺麗に整列しています。
思わず写真を撮りたくなるぐらい見事に並んでますね。

庶民の食べ物BAKSOが種類豊富に並んでいます。インドネシアならでは。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

練り物コーナーもありますので、おでんの材料探しにいかがでしょうか?

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

冷凍食品コーナーも充実の品ぞろえ。
そしてここにも売ってます!在住日本人に大人気の冷凍チーズケーキ「GOLD CAKE」

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

その他ジャジャンバリ(バリの素朴なお菓子)なども売っています。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

一人暮らしの強~い味方!お惣菜コーナー!
お弁当ぽいものや、ワルンで買うには恥ずかしい白ご飯一人前だって売ってますよ!

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】生鮮食品編

デンパサールの大型スーパー、ティアラデワタは在住者にも心強い何でも揃うお助けスーパーなのです。

デンパサール観光のついでに是非一度お立ち寄りください。
きっと楽しんで頂けると思います(*^^)v

 

デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】

以前にもご紹介しましたが、Tiara Dewataはいつもローカルの人たちで賑わう地元のスーパーマーケット。

敷地内には野外プールやゲームセンター、フードコートなどもあり娯楽施設としても人気があるようです。

以前の記事「化粧品・婦人雑貨編」はこちらをご覧ください。

スーパーの売り場面積も広く、商品も充実していてここに行けば何でも揃うといった感じでしょうか。

食料品売り場では何と言っても広いフルーツコーナーに驚かされます。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

バリヒンドゥーのHari Raya(祝日)の前にはこの広いフルーツコーナーは黒山の人だかりとなり、通路を通るのもままなりません。

お供え物用のフルーツを大型カートに山盛り買い込むバリ人主婦たちで賑わうのです。

バナナの種類も驚くほどたくさんあり、日本のような小房売りの物を探してもなかなかみつかりません(-_-;)

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

手前のビニールに包まれているのがスターフルーツ(バリではブリンビンと言います)
そして奥に山積みにされているのがマンゴ(バリではマンガと言います)
こちらはHarum Manis(ハルムマニス)という種類でとても甘く美味しい種類のマンゴです。
季節によって値段がどんどん変わりますが、安い時で1kg10000ルピア(約100円)ぐらい、出だしや終わりかけの高い時で1kg40000ルピア(約400円)ぐらいでしょうか。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

歪な形のブツブツのある大きな果実はSIRSAK(シルサック)
甘酸っぱい果実はジュースにすると絶品です。
バリでは体調不良時に飲むと良いと言われています。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

暑いバリでは傷み易い為、朝市でしかなかなかお目にかかれないイチゴもたくさん並んでいます。バリでは贅沢にジュースにしますよ。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

バリでは暑い店先でクタクタになっている野菜をよく見かけますが、こちらでは温度管理がされているので新鮮です。

1x1.trans デンパサールの大型スーパー【Tiara Dewata】フルーツ編

Pasar(ローカル市場)に行く時間がない方は、このような大型スーパーでフルーツや野菜を買う人も多いようですね。

デンパサールに行かれる時には、是非一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

次回は生鮮食品編へと続きます。

 

 

バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

バリ島旅行の楽しみの一つ、南国フルーツ。

バリの人々は日常的にフルーツをよく食します。

Upacara(ヒンドゥーの宗教儀礼)のお供え物として大量に使われるフルーツは、Upacara終了後にSurudan(お下がり)として家族みんなで頂きます。

頻繁にUpacaraが行われるバリではこのSurudanを頂く機会も多いのですが、お供え物にあまり使われない種類のフルーツはPasar(市場)や露店などでキロ単位で購入する事も多いようです。

バリ島ではそろそろマンゴーが美味しい季節になってきました。

マンゴーを丸かじりなんて贅沢な食べ方をしている子供たちもよく見かけますが、暑いバリではこの南国フルーツをジュースにしてくれるジューススタンドがたくさんあります。

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

一般的なローカルジュースの種類とお値段 6000ルピア(約60円)~9000ルピア(約90円)

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

バリ風かき氷や、フルーツジュース以外の飲み物の種類とお値段

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

完熟マンゴーをたっぷり使ったJus Mangga(マンゴジュース)

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

バリではフルーツジュースを作る時、お砂糖や練乳などを足して甘くしますのでフルーツそのままの甘さで味わいたい方は「Jangan Manis- manis ya(甘くしないで)」と一言言いましょう。

そして赤紫色のドラゴンフルーツを使ったJus BuahNaga(ドラゴンフルーツジュース)

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

ちなみにドラゴンフルーツはコチラ↓↓

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

トロトロの濃厚なマンゴージュース(約80円)と鮮やかな紫色のブアナガ(ドラゴンフルーツ)ジュース(約90円)どちらも天然の色で着色料は一切入っていません。

1x1.trans バリの南国フルーツジュース・その種類とお値段

南国の暑さ対策にはフレッシュなフルーツジュースで水分とビタミンの補給を(*^^)v

※ローカルスタンドでのジュース購入は、衛生面の気になる方や、お腹が心配な方にはおススメできませんのでお気を付けください。

 

厳しくなった?デンパサール空港の税関

日本からの旅行者の方には前回の記事と出国・入国が前後してしまいますが、今回はデンパサール空港への入国時の注意点について。

日本からの飛行機がデンパサール空港に到着すると、ランプからシャトルバスに乗って入国審査場のある建物へと移動します。

機内でトイレに行きそびれた方は、シャトルバスを降りた所にお手洗いがありますので用を足しておきましょう。(その後VISA取得や入国審査の長い列に並ぶ為、時間がかかります)

【到着VISA取得】

その後「VISA ON ARRIVAL」と書いている窓口の列に並び、VISA代金$35(米ドル)を支払い、入国審査カウンターに進みます。あらかじめ米ドルを準備して行きましょう。

※2015年6月よりVISAは廃止され無料となりました。

【入国審査】

入国審査カウンターでパスポートと記入済みの出入国カードを渡し、審査を受けます。

※2015年より出入国カードは廃止されています。

※入国審査場では撮影が禁止されている為、画像がなくてすみません。

【手荷物受取】

入国審査を無事に終えると、Baggage Claimに移動して機内に預けてい荷物がターンテーブルに流れてくるのを待ちます。

自分の荷物を受け取り、税関へと進みます。

【税関審査】

申告するものがある方はDeclare(赤い看板)
申告するものがない方はNothing To Declare/No Declare(緑の看板)の方に進み係員に記入済みの税関申告書を提出し、手荷物のX線検査場へと進みます。

税関申告書の質問内容は以下の通り。

質問:下記の物を持っていますか?
該当する場合は Yes の欄、該当しない場合は No の欄にチェック(1x1.trans 厳しくなった?デンパサール空港の税関)してください。

  1. 動物、魚類、植物(動物製品、魚類製品、野菜製品を含む)。
  2. 麻薬類、向精神薬、前駆物質、医薬品、小火器、空気銃、刃物類(刀、ナイフ等)、弾薬、爆発物、ポルノグラフィ。
  3. 1億インドネシアルピア以上の現金または無記名譲渡可能証券、または相当外貨。
  4. 旅客1人につき紙巻きタバコ200本以上、葉巻25本以上またはきざみタバコ100g以上、また、アルコール飲料1Lを超える量。乗務員1人につき紙巻きタバコ40本以上、葉巻25本以上またはきざみタバコ40g以上、また、アルコール飲料350mlを超える量。
  5. 商業用商品(販売品、商品サンプル、産業用品、または携行品とは見なされないもの)。
  6. 乗務員1人につき50米ドル、旅客1人につき250米ドルまたは1家族につき1,000米ドルを超えるインドネシアへ持ち込む外国製品で、インドネシアを離れる際に持ち帰らないもの。

上記の質問に該当するYesの項目がある人は正直に申告しなければなりません。

該当する物を持ち込もうとしているにも関わらず申告せず通過しようとする人が多いので、税関では厳しくチェックが行われます。

新空港になってからの税関チェックはとても厳しくなりました。
繁忙期はそうでもありませんが、閑散期はかなり厳しいですので注意が必要です。

手荷物のX線検査ではバッグの中に入っている全ての物をじっくりチェックされます。

特にチェックが厳しいのは上記2番の麻薬と3番の現金と4番のアルコール、タバコ類だそうです。

X線に数点の液状の物が映し出された場合、その場でバッグを開けてアルコールではないか厳しく検査される事になります。

筆者は前回入国の際、アルコール720mℓの他に紙パック入りのポン酢や化粧水、ファブリーズなどを個人的に持ち込んだ為、X線に多くの液状の物が映ったという事でスーツケースの中を全て出して一点一点厳しく検査されました。

なんと検査員3人係りで・・です。

筆者の他にも多くの人たちがスーツケースを開けられていて、税関職員の数も多くなっているようです。

ポン酢と化粧水の紙パックをアルコールだろうと言われましたが、残念ながらどちらもアルコールではありませんと強気に主張。
この際説明を求められますので語学に自信のない方は厳しいかもしれません。

結局アルコールが免税範囲内の720mℓしか見つからなかった為、なぜかスーツケース以外の手荷物の中の物も全て出され一点一点検査されました。

残念ながら没収される物は何一つ持ち込んでいないクリアな筆者は堂々としたものでしたが。

もちろん何も見つからなかったのでその後無事に入国する事ができました。
スーツケースの荷物の詰め直しに大汗をかきましたけど・・・。

容疑者になるのが面倒な方は、日本からの荷物の中には必要以上に液状の物を入れないようにした方がいいかもしれません。

そしてタバコ200本以上は申告しなければいけないのです。

日本の免税店で売っているタバコ、ワンカートンは大概200本なので、正確にはそのまま持ち込むと違反になるのをご存じでしたか?

これを理由に1箱没収されたという経験がある日本人もいるようです。

申告漏れがある場合、超過分を没収という事が多いようですがタバコ一箱ならまだしも、現金だと笑い話にもなりません。

大金を申告せずこっそり現金で持ち込むなんて事はかなり危険ですので、トラブルを避ける為にも必ず正直に申告しましょう。
※申告ナシで持ち込める限度額は1億ルピア相当(約100万円)までです。

言葉が通じにくい環境で疑いをかけられるととても不安な気持ちになりますので、ルールを守ってスムーズに入国したいものですね。

 

 

バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

2013年10月のAPECに合わせて同年9月にソフトオープンしたデンパサール国際空港の新ターミナル。

出国ゲート内には免税店はオープンしていましたが、カフェやレストランなどのオープンが遅れていて、バリから出国する際に食事やお茶をする場所があまりない、座る場所がない、時間潰しをする場所がない、、などの声をよく聞いておりました。

オープンから1年経った頃、ようやく出国ゲート内のレストランやカフェがオープンし、ほぼグランドオープンした様子です。

まず駐車場方面から出国ロビーに入った一番手前に出来たのがコンビニ【WHSmith】
Drinkやスナック菓子、本なども少し置いています。
※ここで買ったDrinkはゲートに入る際に没収されますので飲みきるか、ゲートに入ってから買いましょう。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

こちらはいち早く出来ていたフレッシュジュースとパニーニなどの軽食のお店【La Place】
ゲート内にも同じお店が入ってます。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

新しく出来たチャイニーズ【TWO DRAGONS】

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

本屋さん【PERIPLUS】ゲート内にも大きな書店が入ってます。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

ここまでが出国ロビー内のお店。
そしてゲート内、出国審査を終え免税店を過ぎてからのカフェへと進みましょう。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

お酒を飲みたい方はこちらのBAR【LAST WAVE】
大きなバーカウンターもあり、広い店内は席数も多いです。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

搭乗ゲートに向かう通路にもたくさんの売店があり、Drinkや軽食などが購入できます。
サンドウィッチなどを扱うお店もあり便利です。

1x1.trans バリ島新空港出国ゲートのカフェ&レストラン

飲食店が充実してきたので、空港に早めに着いても暇を持て余す事はなさそうですね。

もちろん空港内の物価は高めですが、バリ島最後の時間をゆっくりと有意義にお過ごしください(^_^)/~