Monthly Archives: January 2015

新発売のヘアマスク@バリ島

圧倒的にロングヘアーの多いバリ島の女性。

「髪は女の命」とでも言わんばかりに、小さな子供からお婆ちゃんまでロングヘアーなのです。

若い人を除いて、まだまだ髪を染めたり、パーマをかけたりする人は少なく、自然な黒髪のストレートロングの人が多い気がします。

そんなバリ島の女性たち、一昔前まではハイビスカスの葉っぱから揉みだしたエキスで洗髪していたそうですよ。

バリのサロンでは「クリームバス」と言う伝統的な頭皮と髪のマッサージがあります。

市販品のクリームバスも売っていますが、自分ですると上手にマッサージができず効果が半減するので、やはりサロンでする人が多いようです(ローカルサロンではとてもお安いのです)

でももっと簡単にインドネシアのヘアケア商品を試してみたい方におススメなのが、1回分ずつ分包になっているヘアマスク。

色々な商品が発売されていますが、特に日本人に人気のあるのはellipsのヘアマスク。

1x1.trans 新発売のヘアマスク@バリ島
香りもよく、指通りの良いサラサラの仕上がりで大人気のようです。

そしてヘアカラーなどで有名なMIRANDAより新発売のヘアマスクを2種類試してみました。

1x1.trans 新発売のヘアマスク@バリ島

傷んだ髪用のホホバオイル(左)とドライヘア用のアロエベラ

使用中の指通りはellipsに比べるとイマイチなのですが、どちらもヘアドライした後の髪のまとまりがとても良い(*^^)v

香りも強すぎず、ellipsよりもしっとりした仕上がりがお好みの方におススメです!

一回ずつの分包なので、バリ島滞在中に色々なヘアマスクを試せるのが良いですね。

バリではほとんどのシャンプーが一回ずつの分包で販売されていますので、シャンプーも色々試せますよ。

色々試してお好みのヘアケア商品を見つけてくださいね(^_^)/~

 

 

バリ島の薬屋さんが面白い

バリ島で一般的な薬局の事はAPOTEKと言いますが、それ以外にも町中には中華系インドネシア人が経営する薬屋さんTOKO OBATがあります。

APOTEKには西洋医学の知識を持った薬剤師さんがいて、クリニックを併設しているような所も多いようです。

観光地では観光客用のドラッグストアがあり、日本と同じように化粧品なども揃っています。

中華系の薬屋さんは漢方薬のようなお薬やジャムゥをメインに販売しているお店。

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

種類の多さに驚かされます。

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

飲み薬や塗り薬はもちろん、インドネシアのサプリメント的な位置付けのジャムゥ、ハーブティなども品ぞろえが豊富です。

痩身、美白、美肌、バストアップなどの効用と見られるイラストが書かれたジャムゥや、精力剤的なジャムゥもたくさん(効果は謎です)

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

なぜかお酒や調味料、そしてお線香まで、万屋みたいなお店も少なくはありません。

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

そして筆者が気になったのはコチラ。

1x1.trans バリ島の薬屋さんが面白い

バストにハリを与えるパックです(~_~;)

バリのエステでもありますが「セラピストさんにしてもらうのが恥ずかしい」という方はご自分でどうぞ。

ドラッグストアやサプリメント好きの方は、バリ島の薬屋さんに行くとテンションが上がるかもしれませんね。

基本的にパッケージはイラスト付きで解り易いので、一目で効果・効用がわかりますよ(効果は謎です)

バスト用のパックはお友達のお土産にもいいかもしれませんね(^^♪

もちろん自分用にも、しっかり買い込みましょうね(~_~;)

 

 

これだけは覚えておきたいバリ語・その1

インドネシア・バリ島。

インドネシアの公用語はインドネシア語ですがバリ島の人々は普段バリ語を話します。

バリの田舎に行くとお年寄りにはバリ語しか通じない事もありますが、現在では学校でもインドネシア語が使われている為、ほとんどの人がインドネシア語を話します。

外国人観光客の中にはインドネシア語=バリ語と思われてる方も多いようですが、全く別物なのです。

バリの人々はバリ島に対する愛国心、いや愛島心?がとても強いので、外国人である私たちがバリ島の文化や宗教、芸能などに興味を示すと大変喜んでくれるのです。

バリの人々は自分たちの事をAnak BaliもしくはOrang Bali(バリ人)と呼び、他の島出身の人たちとはっきり区別をします。

バリ人であることに大変誇りを持っているように見えます。

そんなバリの人々が話すBasa Bali(バリ語)

インドネシア語ではなく、バリ語を話す外国人をバリの人達は大歓迎してくれるのです。

バリ語には敬語や丁寧語があり、カーストによって使い分けなければなりませんが、外国人である私たちの話すバリ語に対しては実際のところ寛容です。
勇気を持って話しかけてみましょう。

まずは挨拶を覚えましょう。

実はバリ語には下記のようなインドネシア語に値する挨拶はありません。

Selamat Pagi=スラマッ パギ=おはよう

Selamat Siang=スラマッ シアン=こんにちは

Selamat Malam=スラマッ マラム=こんばんは

最近ではバリ人同士でも普通にこのような挨拶を交わしますが、これはインドネシア語であってバリ語ではないのです。

ではバリの人々はどのような挨拶を交わすのでしょうか?

微笑みながら眉毛をクイッと上げる。これがバリ人的挨拶なのです。

その後に続く挨拶はこんな感じでしょうか。

Uli dija?=ウリディジョォ=どこから?(普通語)

Suba ngajeng?=スボガジュン=ご飯食べた?(普通語)

Suba kayeh?=スボカヤハ=水浴びした?(普通語)

「こんにちは」ではなく「ご飯食べた?」「水浴びした?」と聞くのが挨拶代りなんですね(笑)

地域に密着しているバリ人の生活様式を物語っています。

「こんにちは」なんてよそよそしい言葉はバリ語にはないのです。

しかし、もうこうなると日常会話のレベルになってきますので初心者には困難ですよね。

ではもっと解り易い簡単フレーズでご紹介しましょう。

Om Swastyastu=オム スワスティアストゥ

「神の恵みによっていつも平穏でありますように」という意味になりますが、バリ語の最上級の挨拶表現でバリ人同士が会った時はカーストに関係なくまずこの挨拶が交わされます。

実際には「こんにちは」のように使われている上品で丁寧な大人の挨拶です。

Om Swastyastu と声をかけると、どんな人でも作業の手を止めて胸の前で合掌をし

Om Swastyasutu と笑顔で返してくれる事でしょう。

また友達同士などの場合の挨拶はこんな感じです。

Kenken kabare?=ケンケンカバレ=元気?(普通語)

Becik-becik=ブチッブチッ=元気です。(丁寧語・普通語)

まずは勇気をもって身近にいるバリ人に挨拶してみませんか?

「Om Swastyasutu」 オム スワスティアストゥ

きっと満面の笑みで返してくれるはずですよ。

1x1.trans これだけは覚えておきたいバリ語・その1

バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

お子様連れでバリ島旅行に来られる方も最近増えてきました。

でもお子様連れの場合、大変なのが荷造りではないでしょうか?

特に乳幼児など小さなお子様の場合、必要な物が現地で揃わないとどうしよう・・と、ついつい荷物が多くなりがちですよね。

バリ島は一年中温かい(暑い)ので、衣服は夏服でOKですが、子供服は観光地でもローカルエリアのスーパーでもどこでも安くて簡単に手に入ります。

また暑いのでこまめに水分補給をしたい所ですが、ポカリやアクエリアスなど、日本でもおなじみの飲み物が手に入るのでお子様にも安心です。

お腹の調子が心配ならばヤクルトだって売っています(*^^)v

インドネシアではミルクの栄養素を大変重視している為、粉ミルクやミルク飲料の種類はとっても豊富。
乳児用はMorinagaのチルミルも売ってます。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

3歳~8歳児用のスタンダードなミルク飲料(ローカルの子供達がよく飲んでいます)
30円~40円ぐらい(かなり甘いです)

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

ベビーフードもありますが、日本のベビーフードのように贅沢グルメなメニューはありません(~_~;)

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

そして必需品だけど日本から持ってくると大きな荷物になる紙おむつ。

バリでは紙おむつの事をパンパースと呼ぶほど、パンパースは定番商品。
マミーポコなど安心の日本製おむつが揃います。
1枚2000ルピア(約20円)の小袋も売っていますよ。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

もちろん、おしりふきも揃います。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

哺乳瓶も。綿棒なども。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

ジョンソンのベビー用品もポピュラーです。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

そして衛生的に気になる時はアルコールジェルも手に入ります。
「Dettol」という商品は除菌衛生商品で有名です。「Dettol」からはアルコールティッシュも出ているのでお出かけ時に便利です。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

※ただし、インドネシアの製品は香料が強く、アルコールジェルでも香水のような香りが手に残りますので、無臭がお好みの方は「Dettol」の緑色のラベルがお勧めです。

またお子様の微熱などには冷えピタシートなども薬局やコンビニで売っています。
現地名は「Bye Bye Fever」です。

1x1.trans バリ島で現地調達できる物(お子様連れ編)

お子様連れでも存分にバリ島旅行をお楽しみ頂けますように(^_^)/~

 

バリで手に入るおなじみの化粧品

バリ島在住者や長期滞在者の女性にとって化粧品選びって結構な問題です。

ローカル化粧品は安いけれど、香料などの添加物も多く、敏感肌の方には刺激が強すぎて肌に合わない・・なんて話もよく聞きます。

そしてインドネシア人と日本人では肌質も違うので、乾燥しやすい日本人のお肌には満足のいく保湿効果が期待できない商品も多い気がします。

手作りされている方なんかもいらっしゃいますが、やっぱり日本で使い慣れた商品が簡単に手に入ると安心です。

特にクレンジングに関しては、バリの主流は乳液クレンジング。

ローカルの乳液クレンジングは肌馴染みが悪く、ファンデーションもマスカラもほとんど落ちません(T_T)

そこで最近バリにも登場したオイルクレンジングがこちら。

日本でもおなじみの肌ラボシリーズのオイルクレンジング(左)
右は同シリーズの化粧水(さっぱりタイプ)
ほかに乳液なども揃います。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

このクレンジングオイルならファンデーションもマスカラも綺麗に落ちます!

そして既にインドネシアの庶民にも浸透しているのがBioreの洗顔フォーム。

たくさんの種類があり、もうどこのスーパーに行っても売っているというほどの定番商品になっています。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

男性用もとてもポピュラー。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

日本ではおなじみのクレンジングシートも手に入ります。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

ボディソープの種類も豊富。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

そして日本でもおなじみのPOND’Sはインドネシアではやや高級化粧品として、美容に敏感な女性たちの間で大人気です。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

POND’Sは年齢層やお悩み別に色々なシリーズがありますよ。
やはりバリでの一番人気は美白シリーズでしょうか。

1x1.trans バリで手に入るおなじみの化粧品

人気のBBクリームは伸びもよく、さっぱりとした使用感。

長期滞在などで、日本から化粧品をたくさん持ってくるのって重いし、嵩張るし大変ですよね。

現地調達できる日用品なども今後ご紹介していきたいと思いまーす(^_^)/~

 

 

 

お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

バリの州都デンパサール。

その中心のガジャマダ通りにあるのがPasar Badung(バドゥン市場)とPasar Kembasari(クンバサリ市場)

布問屋街として観光客にも人気の通り、スラウェシ通りと隣接しています。

スラウェシ通りの布問屋の記事はこちらをご覧ください。
クバヤの生地屋が並ぶデンパサールのスラウェシ通り

Pasar Badungは生鮮食料を扱う市場で、夜から早朝にかけての夜市や朝市で賑わう為、観光客の訪れる昼間には準備中の為、小規模に営業しています。

フルーツやお供え物などはスラウェシ通り側で少し売っていますが、肉・魚・野菜類、またジャジャン(バリのお菓子)などは一部のお店でしか買う事ができません。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

そのPasar Badungとは逆に昼間のみ営業しているのが川を挟んで西側に位置するPasar Kembasari(衣料品、雑貨などの市場)

Pasar Badung前の駐車場よりPasar Kembasariを望む。
この橋を渡った所はもうクンバサリ市場です。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

こちらは逆にクンバサリ市場の4階部分からバドゥン市場を見た所。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

2階~3階部分にはリゾートウェアや夏場のルームウェアにピッタリのワンピース類やTシャツなどが目移りして選べないほどたくさん。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

4階部分には可愛い雑貨がいっぱいで女子ならテンションが上がる事間違いなし!

お土産用アロマグッズ。

 

 

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

バリ猫専門店。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

このバス可愛い❤

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

可愛い陶器のソープディッシュ。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

お部屋をバリ風にアレンジするならこういうのもいいですね。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

SPAを開業されてる方にも♬お花を浮かべる容器だそうです。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

ばら撒き土産用に~(*^^)v

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

ミニミニペンジョールでお部屋のバリコーナーがグッとバリっぽくなりますね。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

持って帰るの大変だけど・・・なんちゃってガムランやゴンなんかもありますよ(~_~;)

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

観光地の小売店も仕入れに来るこのクンバサリ市場。

1x1.trans お土産探しはローカル色たっぷりのクンバサリ市場で♬

スカワティ市場に比べると観光客は少なく、よりローカル色の強い市場です。

スカワティ市場の記事はこちらをご覧ください。
スカワティの市場【Pasar Seni Sekawati】が面白い

外国人価格が基本のスカワティ市場より最初の値段設定が安いですが、上手に交渉して納得のいく価格でお買いものしてくださいね。

 

Pasar Kembasari/Pasar Badung

Jl.Gajah mada Denpasar

 

 

 

 

 

洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

前回、クタのMal Bali Galeria内にあるホームセンター【ACE Hardware】をご紹介しましたが、そちらの2階にある家具とインテリア雑貨のお店【informa】

バリ島在住者はもちろん、観光客の方でも楽しめるお洒落なインテリア雑貨が揃います。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

バリで家を建てたら・・・なんてついつい妄想が膨らむ洗練された家具やインテリアの数々。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

Tefalの調理器具など、日本でもおなじみの商品がたくさん並んでいます。
ローカルスーパーでは揃わないお洒落で便利なキッチン用具が揃います。
ここは日本かと思ってしまうほど(~_~;)

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

また、ここは様々なデザインの椅子が豊富。Office用家具などもとても充実しています。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

カウチソファなど一人暮らしにピッタリのコンパクトな家具も色々あります。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

あ!これ欲しい♡ と思える素敵なデザインの家具がたくさん。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

日本ではおなじみのこの形の(多分低反発)ピロー。バリではなかなか手に入りません。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

ベッドシーツやカバー類もバリでは貴重なシンプルな物が揃います。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

バリらしい素敵なカップ&ソーサーを発見。割れ物ですがセットでお土産に持ち帰りたい(^^♪

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

可愛いデザインの水筒など、お土産に買いたくなる掘り出し物もたくさんありますよ。
しかも【BUY1 GET1 FREE】=1個の価格で2個ゲット=実質半額の商品も多いのです。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

Mal Bali Galeriaは昨年「丸亀製麺」が出店し話題になっているショッピングモールです。

他にもHyper MartやMatahari デパートなども入っていて、観光客とローカルの家族連れでいつも賑わっています。

1x1.trans 洗練されたインテリア雑貨が揃う【informa】

「漁師」などの和食レストランもあり、クタ方面でのショッピングにおススメです。

 

 

バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

バリ島在住者に人気のホームセンター【ACE Hardware】

人気の理由はローカルスーパーなどには置いていないオシャレでシンプルな生活雑貨が揃うから。

インドネシアの生活雑貨はなぜかシンプルな物は少なく、ショッキングピンクやオレンジ、スカイブルーなどのド派手なカラーの物が主流です。

おまけにファンシーなイラスト入りや模様入りの物が多く、日本では普通に手に入るような無地でシンプルな物を探すのは至難の業。

例えばこういったカゴ類。日本では簡単に手に入りますが、バリでは入手困難。
ACEなら充実の品ぞろえです(日本で買うより高価ですが)

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

カラフルなカラーボックスが主流のバリでは貴重な白の簡易チェストやラック。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

バケツ類もド派手なカラーではなく、落ち着いたアースカラーが揃います。
他にも白ばかりの品揃えのコーナーがあります。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

清掃用品やキッチン用品なども豊富で日本製の物もちらほら。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

シンプルな家電や、オシャレな照明、DIY用品など何でも揃います。

一人用のコンパクトでかわいいブレンダ―を発見!狭いコスのキッチンでも簡単にフルーツジュースやスムージーが作れますね。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

町の電気屋さんには売っていないシンプルなデザインの扇風機たち。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

雰囲気の良い間接照明もたくさん。

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

シンプルでお洒落なミラーと、なんとサウナまで!

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

1x1.trans バリ島のホームセンター【ACE Hardware】

その他にもインテリア雑貨や食器、調理器具、ペット用品、ガーデニング用品、カー用品、アウトドア用品、アイデア商品などなど、何でも揃う大型ホームセンターです。

バリ島内に5店舗ありますので、シンプルな生活雑貨をお探しの方は一度覗いてみてくださいね。

今回ご紹介した店舗
Mal Bali Galeria店