Monthly Archives: June 2014

PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

PKB(バリアートフェスティバル)の会場内や会場周辺にも期間中はたくさんの屋台が出ています。バリ島でカーチャーターご利用の方はバリ観光も兼ねて是非お立ち寄りください。

ジュースやお菓子などが買える売店はいたるところにありますし、歩きながら食べれるソーセージやポテトフライ、焼きトウモロコシ、バリのお菓子ジャジョォやワッフル、ポップコーンや綿菓子など・・・食べ物に困る事はないでしょう。日本の縁日と似ていますね。

冷えたドリンクやお菓子、タバコ、ナシジンゴ(バナナの葉に包んだ少量のごはんとおかずが入ったもの)などが買える売店。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

TEMPURA IKANと書いていますが、こちらでは串に刺した魚肉ソーセージのようなものをその場で油で揚げてくれます。 子供たちが大好きなおやつです。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

ゴレンガン(揚げ物) バナナ・芋・テンペ・豆腐などのフリッターのような天ぷらのような揚げ物です。好きな種類を選べます。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

喉が乾いたら100円前後でフルーツジュースも飲めますよ。Pasarゾーンの中にあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

そしてインドネシア人の間食の定番。BAKSO(鶏団子のスープ) Mie Ayam(鶏ラーメン)もあります。Pasarゾーンの中にあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

本格的にお腹が空いたら、ワンティラン室内ステージ横のフードコートへ。ナシチャンプルはもちろん、バビグリン(豚の丸焼き)アヤムブトゥトゥ(鶏の蒸し煮)サテイカン(魚の串焼き)などのローカルフードがお手軽に楽しめます。ただし、ローカルの辛さです(・.・;)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

そして芝生の上ではサテ屋さんが炭火で串焼きを焼いています。サテバビ(豚肉の串焼き)サテアヤム(焼き鳥)サテイカン(魚のつみれの串焼き)などの種類があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)で食べる!

会場内、および会場近辺はPKB開催中はお祭り価格になるので、少しだけお値段は高めですが、地元の人たちもその価格で利用しています。

地元の人たちがどんなものを食べているのか、ちょっと興味がありますよね。でもお腹に自信がない方や、衛生面が気になる方はレストランで食事を済ませてからPKBに出向きましょう!

 

PKB(バリアートフェスティバル2014) @アートセンター

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

2014年開催期間 6月13日~7月12日

PKB開催中の開園時間 9:00頃~23:00頃(当日のプログラムにより異なる)

ご来場の場合は、バリ島カーチャーターが便利です。クタ、スミニャック、サヌール、レギャンあたりからも行きやすい場所です。ウブド・キンタマーニ観光の帰りに見学する場合は、6時間程度ののカーチャーターでご案内出来ます。バリ島カーチャーター6時間のご利用料金は4500円となります。

 

PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

6月13日から7月12日までデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)期間中にバリ島カーチャーターをご利用の方はお立ち寄りください。

1か月の開催期間中はバリ舞踊やガムランなどの芸能が毎日無料で楽しめますが、地元のバリの人々の楽しみは芸能鑑賞だけではありません。

お買いもの。

期間中はPKB会場内全てがショッピングゾーンと化します。シルバーやゴールドの高級アクセサリーから数万円もするソンケット(バリの高級手織り布)やクバヤ(バリの女性の正装)など、高級な商品を取り扱うお店から、Pasar(市場)価格の激安商品やローカルな日用品を取り扱うお店まで揃わない物はないのでは・・と言うくらい色々なお店が出ます。

高級品を取り扱うブティックゾーンは主にGedung Ksirarnawa(クシラルナウォビル)の1階部分のお店(建物内の中央部分に大きな噴水池の広場があります)とPanggung Terbuka Ardha Candra(アルダチャンドラ野外ステージ)下の1階部分です。

こちらは撮影禁止のお店が多いのでレポートは省略して、ローカルバリ人で終日にぎわうPasar(市場)ゾーンをご紹介しましょう。

まずPasarゾーンに行く入口の手前に臨時のBRI銀行があります。ATMも設置されていますし両替も出来るそうなので便利ですね。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

子供用の安い既製品クバヤなども売っています。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ローカルの若者に人気のTシャツブランド「UROCK BALI」

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ワヤンクリッのお店やバリ絵画のお店

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

サッカー大好きインドネシア人、各国のユニフォームが激安です。男性用のお土産にいかがでしょうか?

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

サンダル屋さんはたくさんあります。こちらは男性用の靴が充実してますが、女性用のミュールやサンダルが充実しているお店もたくさん。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

バリらしくバティックの服屋さん。子供用ワンピースは可愛くて涼しそう。しかも激安です(^_-)-☆

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

下着が激安!ブラジャーだって100円ぐらいからあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

バッグ。小物ポーチや財布は10000ルピア均一(約90円弱)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

派手な柄やキャラクターが大好きなバリではかなり珍しいシンプルな子供服。ブランド名は「bebe」らしい・・。ん?どこかで聞いたような?

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

ありえない価格の激安クバヤ屋さん発見!しかし品質の方は・・・一目見て安物とわかるほど残念なお品。あまり買っている人はいません(~_~;)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

インドネシア人の女子、子供が大好きなぬいぐるみ。バリの女の子にプレゼントするときっと喜ばれますよ。10000ルピア(約90円弱)からあります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

おもちゃ屋さん。バリらしくおもちゃのガムランなどがありますね。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

お土産用のWoodキーホルダー。その場で無料で名前を入れてくれます。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)でお買い物

Pasarゾーンではほとんどのお店がワゴンに値段を明記していますので、値段交渉の必要もなく買い物がしやすいです。

他にもキッチン用品や、雑貨、調味料、家具などなど、色んなものがローカルプライスで売られています。

Pasarゾーンの足元は段差や凸凹が多いので転ばないようにお気を付けくださいね。歩きやすい靴を履いて行くことをお勧めします。

そして、夜は大変混雑しますのでスリなどには十分お気をつけくださいませ。

次回はグルメゾーン、プレイゾーンのご紹介です。

バリアートフェスティバル2014(PKB) @アートセンター

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

PKB期間中の開園時間 8:00頃~23:00頃(当日のプログラムにより異なる)

※バリアートフェスティバルには、格安なお値段でご案内ができるバリ島カーチャーターが便利です。会場はバリ島の中心地デンパサールですので、ヌサドゥア、サヌール、レギャン、スミニャック、クタエリアからも近く観光の途中で寄ることができます。ご利用料金などバリ島カーチャーターのページをご覧ください。

 

 

 

PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

6月13日からデンパサールのアートセンターで開催中のPKB(バリアートフェスティバル)

あっという間に2週間が過ぎてしまいましたが、閉会式は7月12日(土)ですのでまだまだ2週間楽しめますよ。

タクシーやバリ島カーチャーターで行く場合は「アートセンター」や「バリアートフェスティバル」あるいは「ペーカーベー(PKB)」で通じますが、期間中は直行バスも出ています。

バリ島カーチャーターご利用案内
4時間   3500円
6時間    4500円
8時間   5500円
10時間  6000円
12時間  6500円  バリ島を格安なお値段で車チャーターができます。クタ、レギャン、スミニャック、クロボカン、ヌサドゥア、サヌール、ウルワツ、ウブド中心地での発着となります。

またRenon広場の東側に観光バス用の大きな駐車場があるのですが、その前に発着する無料シャトルバスを利用するのも便利です。交番や消防署の並びが停留所です。

↓PKB会場で撮影したシャトルバス。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

PKB会場内アートセンターは広大な敷地に、いくつかの建物(Gedung)と舞台(Panggung/Kalangan)があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

敷地内の見取り図の番号順に画像でご紹介しましょう。

1.正門(出入口)正門前には警官詰所があります。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

2.Panggung Terbuka Ardha Candra(アルダチャンドラ野外ステージ) 主に20時以降のメインイベントが行われる壮大な野外ステージです。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

3.Kalangan Ratna Kanda(ラトナカンダステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

4.Kalangan Angsoka(アンソカステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

5.Panggung Terbuka Ksirarnawa(クシラルナウォ野外ステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

6.Gedung Ksirarnawa(クシラルナウォ室内ステージ) 唯一エアコンの効いた室内ステージです。ちなみにこのステージ入口(2階)のトイレがアートセンターの中では一番綺麗です。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

7.Wantilan(ワンティランステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

8.Kalangan Krya(クリアステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

9.Musium(ミュージアム)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

10.Kalangan Ayodya(アヨディアステージ)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

11.北門(出入口)ここからシャトルバスが出ています。

1x1.trans PKB(バリアートフェスティバル)会場案内(見取り図あり)

たくさんのステージがありますので迷子にならないように、見取り図を頭に入れていざ出陣!

さて、次回はショッピングゾーンのご紹介です(^_^)/~

バリアートフェスティバル2014(6月13日~7月12日)

アートセンター Jl.Nusa Indah no.1 Denpasar

期間中以外でバリ舞踊のステージをご覧になる場合は、バリ島観光ツアーがお得です。
※ 基本コースのウブドツアー      バロンダンス鑑賞
※ 基本コースのウルワツ寺院ツアー ケチャックダンス鑑賞
短時間コースでのバリ舞踊鑑賞付きバリ島観光ツアーです。その他にも、ウブド・キンタマーニ満喫ベーシックツアー、ウブド・ブサキ得ツアーにもバリ舞踊鑑賞ツアーがありますので、観光ページをご覧ください。

観光ツアーの他に、格安なバリ島車チャーターでもバリ舞踊鑑賞ができますので詳しくはお問い合わせください。

 

ローカルバリ人のお引越し

一言にローカルバリ人と言っても、実家暮らしの人もいればコスというアパートを借りて暮らしている人もいます。

観光地周辺やデンパサールなどの都心部出身の人たちは、実家から通える場所で仕事がありますが、田舎出身の人たちはやはり仕事を求めて都心部にコスを借りて仕事をする人も多いのです。

もちろんバリ島以外の島から働きに来ているインドネシア人もコスで暮らしていますが、バリ人の好むコスとそれ以外の島の人々の好むコスは少し違うようです。

先日あるバリ人のコス探しにバリ島カーチャーターを利用して同行した筆者ですが、彼女の条件は敷地内にサンガー(屋敷寺)がある事。すなわちバリ人所有の物件である事。

バリヒンドゥーの人々の家には必ずサンガーという屋敷寺があります。バリの人々は毎日朝夕必ずサンガーにお供えをしお祈りするのが日課です。サンガーがないと落ち着かないというバリ人も多いのですね。

数軒見て回った中で、彼女が気に入ったのがこの2軒。

まずはこちらバリ様式のお部屋です。もちろんバリ人所有です。

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

家賃は1Juta(約9000円)/月 キッチンなし。エアコン付ですがベッドやタンスなどの家具はありません。Kamar Mandi(浴室)はかなり狭く圧迫感がありました。

そしてもう一つがこちらの一軒家風の新築コス。

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

家賃1.1Juta(約10000円)/月 キッチンなし。部屋は狭くこじんまりとしていますが、エアコン、ベッド、タンス、TVが付いています。Kamar Mandiも狭いですが手桶式ではなくシャワー付きでこのレベルのコスには珍しく洗面台があります。

コス探しなど物件を見て廻る場合などは、数時間のレンタルができるバリ島車チャーターが便利です。

結局バリ人の彼女はこちらの新築コスを選びました。その理由は・・・

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

1x1.trans ローカルバリ人のお引越し

「お部屋の真ん前がサンガー(お寺)で安心するから」との事。

お部屋を契約し、荷物を運び入れると何よりも先にお供え物を持ってサンガーに行き、お祈りをしていた彼女。

「今日からここに住まわせて頂きます。どうかお見守りください。」という意味も込めて熱心にお祈りをするバリ人。その後ろ姿にしばし見とれて写真を撮るのを忘れてしまった筆者です。

ちなみにバリの人には常識だそうですが、サンガーの前には汚れ物を置いてはいけないそうです。ゴミはもちろん洗濯物や布団なども干してはいけないそうなので、サンガーのあるコスに住む場合はご注意くださいね。

※コスのご紹介や斡旋は致しかねますのでご了承くださいませ。

何件か見学するコスが決まっている方には、バリ島カーチャーターをご利用ください。4時間のカーチャーターでしたら3500円の格安価格でご案内いたします。

 

バリのイミグレーションってどんな所?

観光ツアーでバリに来られる方にはほとんど馴染みのない現地のイミグレーション(入国管理局)ですが、留学生や長期滞在者、お仕事をされている方や、インドネシア国籍の方と婚姻されてバリに暮らしている方など、バリ島在住者は必ず一度は訪れる事になる場所です。

今後バリに長期滞在をお考えの方の為に、デンパサールのイミグレーション簡単にご紹介してみましょう。

デンパサールの閑静な官公庁街RENON地区にあるイミグレーション(Kantor Imigrasi Kelas ⅠDenpasar) バリ島の中心地デンパサールにあるので、クタ、レギャン、スミニャック、サヌール辺りからでも比較的に行きやすい場所です。バリ島観光の途中で立ち寄る場合はタクシーよりもバリ島カーチャーターが便利です。1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

所在地、電話番号はこちらの看板でご確認を↓↓

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

こちらが入口です。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

割れ門を入り直進するとバイクの駐輪場、そして右手が車の駐車場です。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

駐車場の前が正面玄関です。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

館内は写真撮影が禁止されていますので、残念ながら建物内部の画像はありませんが、正面玄関を入りそのまま直進すると突き当りにガラス張りの部屋があります。

外国人がVISAやKITASの手続きをするのは全てそちらの部署になります。

ガラス張りの部屋の入口には整理券発行機が設置されていますので、まずはそちらで整理券を発行します。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

そして自分の番号がアナウンスされ、掲示板に表示されるまで座って待ちます。イミグレーション内はとてもエアコンが効いていますので、服装にはご注意を。

手続きに関しては全てインドネシア語もしくは英語でのやりとりとなりますので、語学に自信のない方は通訳を同行するか、エージェントを通すのがこちらでは一般的な方法です。

そしてインドネシアの役所では書類のコピーはしてくれませんので、全て自分でしなければなりません。建物の裏にコピー屋さんがありますので、必ずそちらを利用する事になります。窓口で指示された書類を持ってコピーに行き、また戻って提出するという手間が生じますがこちらはインドネシア方式ですので、従いましょう(~_~;)

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

時間帯によっては長蛇の列ができますが、並んで我慢して待ちます。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

そしてそのコピー屋さんの隣には売店(Kantin)があります。コーヒーやジュースはもちろん、お菓子類やパン、Jajan(バリのお菓子)、Bakso(肉団子スープ)などもあります。またコピー屋さんが混んでる時は、収入印紙や書類提出用のMap(赤い紙のファイル)やボールペンなどもこちらで購入可能です。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

おしゃべり好きな売店のおじさん。

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

数年前と比較して随分クリアになった印象のバリのイミグレーション。最近は職員の対応も良くなり、あまりストレスを感じなくなった気がします(筆者の個人的感想です)

バリのイミグレーション、なんとなくイメージをおわかり頂けましたでしょうか・・・?

手続き時間はコチラ↓↓

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

1x1.trans バリのイミグレーションってどんな所?

※VISA等の手続きに関しては詳しい事はお答え致し兼ねますので、イミグレーションやVISAのエージェント等に直接お尋ねください。

【Kantor Imigrasi Kelas ⅠDenpasar】

Jl.DI Panjaitan No.3 Renon Denpasar

TEL:0361227828 FAX:0361244340

Website:www.denpasarimigrasi.go.id

バリ島旅行者の方で、将来はバリ島に移住するかもって方は場所の確認だけしてもいいですね。ご希望のかたはバリ島車チャーターでご案内しますのでお問い合わせください。

 

【レゴンダンサー】舞台前の祈り

優雅でしなやかなのに力強く神秘的、またその豪華で煌びやかな衣装や芸術的なメイクで観る人を魅了して止まないレゴンダンス。バリ島の各地で行われているバリ舞踊はバリ島を訪れる旅行者にとても人気があります。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

バリ島に来られる方は目にされる機会も多い事でしょう。バリ舞踊を鑑賞する観光ツアーもありますので、後ほどご紹介します。

レゴンダンスとはバリ舞踊全体の中の踊りの一種で、元々は貴族の儀礼の為に奉納された宮廷舞踊の事を指します。

一言にレゴンダンスと言っても様々なバリエーションがあり、それぞれの物語によって曲や振付、衣装も変わってきます。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

一般的に観光地などで踊られるレゴンはLegong KratonあるいはLegong Lasemと言う3人の少女のよる構成のレゴンダンスです。

新作レゴンダンスも年々増え続け、現在ではそのバリエーションは30種類近くあると言われています。

バリ舞踊のダンサーたちは、舞台で踊る前には必ず神に祈りを捧げます。お祈りをし、マンクー(バリヒンドゥー教のお坊さん)から聖水を頂き、身を浄めてから舞台に上がるのです。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

お祈りは舞台の裏側や敷地内のPuraにて行われるので、あまり観光客が目にする機会はないかもしれません。こちらの画像はPKB(バリアートフェスティバル)での一コマ。

今回の演目はLegong Jobog(レゴン・ジョボグ) 猿の姿をした王・スバリとスグリオの兄弟が戦うシーンがメインになったラーマヤナ物語の一部からなる舞踊です。

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

1x1.trans 【レゴンダンサー】舞台前の祈り

激しく戦うシーンがこのレゴンジョボグの見どころです。

レゴンダンスはPKBの期間中、アートセンターで何度も観る機会がありますよ(無料)

プログラムに【Semar Pagulingan】または【Legong~】と記載されている演目でレゴンダンスが観れます。

6月19日(木)11:00~ AYODYA STAGE

17:00~ AYODYA STAGE

6月21日(土)17:00~ AYODYA STAGE

6月24日(火)17:00~ AYODYA STAGE

7月7日(月)14:00~ ANGSOKA STAGE

但し、良い席で観覧する為には遅くても30分前には客席に行き、席を確保される事をお勧めします(^_^;)

観光用でないレゴンダンスを観てみたい方は是非一度アートセンターに足を運んでみてください。

Art Center(Taman Budaya Bali)

Jl.Nusa indah no.1 Denpasar

開演時間:9:00~23:00(7月12日までのPKB期間中)

バリ舞踊がセットになったお得なバリ島観光ツアーのご紹介です。
※ 基本コースのウブドツアーでは、ゴアガジャ遺跡、アシタバ工場、バロンダンス鑑賞、ランチ
※ 基本コースのウルワツ寺院ツアーでは、ショッピング、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、シーフードBBQ
※ ウブド・キンタマーニ満喫ベーシックプランCでは、ゴアガジャ遺跡、キンタマーニ高原、テガララン・ライステラス、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、ジンバランのシーフードBBQ
※ ウブド・ブサキ得ベーシックプランでは、ブサキ寺院、ウルワツ寺院のケチャックダンス鑑賞、ジンバランのシーフードBBQ

上記のバリ島観光ツアーでしたら、バリ舞踊鑑賞と一緒に観光もできます。なお格安なバリ島車チャーターでもご案内ができます。

 

バリヒンドゥー・車の儀式

バリヒンドゥー教では全てのものに神が宿ると信じられています。

最近のバリ島は車やバイクの所有者が増え、昔に比べて渋滞が多く見られるようになりました。またバリ島を訪れる旅行者の多くがバリ島で車チャーターするのも原因のひとつかもしれません。

バリの人々は車やバイクを購入した時には、新車であれ中古であれ全てUpacara(儀式)をしなければなりません。

もちろんUpacaraをしなくても乗る事は可能ですが、信仰心の強いバリの人々は神様のお許しを得てから(儀式を終えてから)でないと不安で仕方がないと言います。

バリヒンドゥーでは儀式の種類によってそれに適した日があり、いつでも儀式が出来る訳ではありません。儀式を終えるまでの車やバイクは恐る恐る乗る事になるのです。

儀式の前日には家族(女性たち)でたくさんのお供え物を作ります。すべて手作りです。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

それぞれのお供え物にどんな意味があるのか・・理解するにはかなりのお勉強が必要のようです・・(~_~;)

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

こちらは新車の儀式で、車の正面にプマンク―が座りマントラを唱えています。その間にイブマンクー(女性のマンクー)がお供え物や聖水の準備をしています。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

お寺や特別な場所に行くのではなく、自宅にプマンクーを呼んで儀式をしてもらいます。儀式の間、敷地内では小さな子供たちは自由に遊びまわり意外とラフな感じの儀式に感じました。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

そして車の前には、これまた摩訶不思議なお供え物の数々。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

ズームしてみましょう。ココナッツの実のようです。この実の中にたっぷりと入っているココナッツウォーターも儀式で使われます。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

神様に捧げられた鳥・・・。

1x1.trans バリヒンドゥー・車の儀式

プマンク―のマントラが終わると所有者も共にお祈りが始まり、聖水を使ったバリヒンドゥー独特の儀式を終え、終了となります。

日本で言うところの安全祈願のような儀式なのかもしれませんね。

これで安心して車に乗れますね。

バリ島では、車の儀式の他にもたくさんのウパチャラ(儀式)があります。バリ島観光と一緒にウパチャラの見学も組み込んでみてはいかがですか。バリ島観光ツアー、バリ島カーチャーターの途中で見るチャンスがあるかもしれません。

 

 

いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

毎年恒例のバリアートフェスティバル(通称PKB)

2014年は6月13日(金)~7月12日(土)の1か月間、デンパサールのアートセンターで開催されます。この時期にバリ島でカーチャーターご利用の方は是非遊びに行ってみてください。

バリ島各地から舞踊や音楽などのエキスパートが大集結する大掛かりな芸術祭です。

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

このアートフェスティバルの開催、運用にかかる今年度の概算費用は、なんと5.6M(約5千万円弱)なんですって\(◎o◎)/!

この数字を見ても、どれだけバリの人々が芸術・芸能に対して熱い想いがあるのかが伺えますね。

初日のオープニングパレードには毎年インドネシア大統領夫妻もお見えになり、開会式でご挨拶されます。

オープニングパレードは明日6月13日(金)14:00にデンパサール南部レノン地区の大きな公園レノン広場よりスタートです。

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

各地のミスター&ミスコンテスト代表者たち。期間中に決勝戦があり会場は盛り上がります。

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

バリサファリからは象さんも参加。象の背中に乗って気持ちよさそうですね。
ここで象の背中に乗って散歩が楽しめるエレファント・サファリをご紹介しておきます。

エレファント・サファリ基本コースでは、バカスエレファント・サファリにて象の背中に乗って30分の散歩ができます。

Aコースでは、エレファント・サファリ、ウブド散策、タナロット寺院サンセット、ディナー
Bコースでは、エレファント・サファリ、ウブド散策、ウルワツ寺院、ケチャックダンス
Cコースでは、エレファント・サファリ、ウブドツアー
Dコースでは、エレファント・サファリ、ウブドツアー、バリ舞踊鑑賞

バリ島のアクティビティでも人気のエレファント・サファリをどうぞ。またバリ島のカーチャーターでもエレファント・サファリへご案内します。

 

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

カメラを片手にパレード会場に行くのもいいですが、パレードの様子はBALI TVでも中継されます。

パレードが終了した後は、夜20:00よりアートセンターのArdha Candraという巨大な野外ステージで盛大な開会式があります。

ISI(芸術大学)の学生たちがこの日の為に練習に練習を重ねた、素晴らしい舞踊が披露されます。観光地では絶対に観る事の出来ない芸術性の高いステージが無料でご覧いただけます。

1x1.trans いよいよ開幕!バリアートフェスティバル(PKB)

また会場となるアートセンター内にはローカル価格の大規模なショッピングゾーンやローカルワルンがあります。アクセサリーやバッグ、シューズ、洋服類、クバヤ、布もの、下着、日用品、化粧品やアロマグッズまでローカル価格でお買い物が楽しめます。

期間中バリに滞在されてる方は是非一度足を運んでみませんか?

 

バリアートフェスティバル(Pesta Kesenian Bali) 6月13日(金)~7月12日(土)

開催場所 アートセンター Jl.Nusa indah No.1 Denpasar Bali

開催時間 9:00頃~23:00頃(当日の催しにより異なる)

バリ州文化庁のHP

バリ島旅行者の多いクタ、ヌサドゥア、レギャン、スミニャック、サヌールからも行きやすい場所ですので、バリ島カーチャータープランの候補に入れてみてはいかがですか。

 

 

布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

先日の記事でスカワティ(ギャニァール県)の市場【Pasar Seni Sukawati】をご紹介いたしましたが、今回は更に東に進んでクルンクン(スマラプラ)の市場【Pasar Umum Klungkung】のご紹介です。

場所は有名な観光地Kertha Gosa(クルタゴサ)の前。画像はPasarの駐車場から撮ったところ。真ん前です。バリ島観光ツアー、バリ島車チャーターでクルタゴサと一緒に立ち寄れます。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

スカワティの市場は観光地ウブドの南に位置する為、比較的観光客が多くお土産物などの品揃えが豊富な市場として有名です。

それと比較してクルンクンの市場はかなりローカル色の強い市場となります。クルンクンは機織り布の工房がたくさんある織物の街としても有名。バリ島でカーチャーターを利用すれば簡単に訪れることができます。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

この織物はインドネシア語ではIkat(イカット)と言いますがバリ語ではEndek(ウンダッ)と呼ばれます。バリの人々は正装する時にはこのバリで織られたEndekを身につけるのが良いとされており、バリ人にとってはとても身近でポピュラーな布と言えます。

そのEndekが所狭しと並べられているのがこの【Pasar Umum Klungkung】です。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

一般的にはクバヤのブティックなどでも質の良いEndekが購入できますが、バリの人たちは村で大きなオダランなどがあるとバンジャール毎にお揃いの衣装を作る事があります。そんな場合の大量購入にはやはり、この布専門の市場まで買い付けに来る事も多いのですね。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

布好きにはたまりませんが、種類が多すぎて目移りして選べません。価格はクオリティによって様々です。

またクバヤの生地なども売ってますが、こちらはあまりトレンドを押さえた商品ではなく、スタンダードなデザインが多く見られます。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

そしてバリの人なら1枚は持っていたい憧れの高級手織り布、Songket(ソンケット)も豊富です。ソンケットは一生もの、そして家宝とまで言われるバリの人たちにとっては大切な貴重な布だそうですが、中には粗悪品を高額で売りつけるお店もありますので信用できるお店で適正価格で買いましょう。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

そして【Pasar Klungkung】はローカル市場ですのでバリヒンドゥーのお祈り用のGoodsがたくさん売られています。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

今年の流行ソカシ(お寺に行く時お供え物を入れる為の箱)は角ばっていてしっかりした作りのもので、花柄のLukisan(ペイント)が施されているものだそうです。また最近は円形のソカシもよく見かけるようになりました。ソカシにも流行があるのですね。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

家寺などに飾るパユン(傘)

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

バリの女性が大好きな大きな石の付いたBross(ブローチ)クバヤの胸元を飾ります。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

そしてバリ舞踊グッズまで・・・。

1x1.trans 布好き必見!バリのイカット布が揃う【Pasar Klungkung】

布に興味のある方や、生鮮市場以外のローカル市場を体験してみたい方にはきっと楽しんで頂けると思います。

東部観光の際には一度立ち寄られてみてはいかがでしょう。

【Pasar Umum Klungkung】

デンパサールより東へ約40㎞

クルタゴサ(スマラプラ王宮跡)前

クルタゴサを見学するバリ島観光ツアーをご紹介しますので、市場とセットでお立ち寄りもできます。
※ ウブド・ブサキ得ベーシックプランAでは、ブサキ寺院、クルタゴサ、ウブド王宮、レゴンダンス・ディナーショー

※ ウブド・ブサキ得ベーシックプランBでは、ブサキ寺院、クルタゴサ、タマンアユン寺院、タナロット寺院、ディナー

※ ウブド・ブサキ得ベーシックプランCでは、ブサキ寺院、ウルワツ寺院、ケチャックダンス鑑賞、ジンバランのシーフードBBQ

上記のバリ島観光ツアーでしたらクルンクン市場も見学ができますので、ドライバーまでご相談ください。またバリ島車チャーターでもご案内ができますので、ご相談ください。

 

 

究極のローカルシーフード@バリ

自然が豊かなバリ島ではたくさんの美味しい食べ物があります。

新鮮なSeafoodもそのうちの一つ。

ジンバランの美しいビーチ沿いにはたくさんのシーフードレストランが軒を連ねています。

バリ島旅行者にも人気のエリアでバリ島観光ツアーのコースに含まれていたり、バリ島車チャーターで来る方も多く見かけます。

1x1.trans 究極のローカルシーフード@バリ

感動のサンセットを眺めながらの新鮮なシーフードバーベキューは本当に幸せな気分になりますね。

ではローカルインドネシア人の方たちはどのようにしてシーフードを食されているのでしょう?

中には観光客の行くレストランで豪華に食事をされているローカルファミリーも見かけますが、それは一部のお金持ちの人々です。

ローカルエリアのシーフードレストランに行く事もありますが、一般的には市場で買ってきたお魚を調理したりお家で焼き魚にしたりするようです。

1x1.trans 究極のローカルシーフード@バリ

椰子の実の殻で炭火焼。何とも原始的ですが素朴でとても美味しそうですね。

田舎ではこの様なスタイルで焼く事もありますが、街中でコス(アパート)に住んでいるような場合、または十分な場所がなかったりする場合はこんな方法もあります。

夕方から路上に出現するIkan Bakar(焼き魚)屋さん。

1x1.trans 究極のローカルシーフード@バリ

1x1.trans 究極のローカルシーフード@バリ

筆者がよく買う焼き魚屋さんは、実家が漁師さんだそうでその日の漁で揚がった魚を焼いてくれます。なので日によって魚の種類が違う事もあります。

魚の種類や大きさ、または時期によって値段も様々ですが焼き魚1尾10000ルピア(約90円)~20000ルピア(約180円)ぐらいです。

もちろん自宅に持ち帰って、焼き立ての炭火焼のお魚に大根おろしとポン酢をかけていただきます。簡単和食の出来上がり(*^^)v

焼き魚を買うと「サンバルマタ」という赤玉ねぎを細かく刻んで唐辛子などと混ぜた薬味がたっぷりと付いてきます。辛党の方はサンバルマタをたっぷりつけて食べるのも美味しいですよ。

路上のIkan Bakar、これぞ究極のローカルシーフードですね(^_^;)

バリ島観光とジンバランのシーフードBBQがセットになったツアーのご紹介です。
※ ゆっくり午後からウルワツ寺院でケチャックダンス鑑賞とシーフードBBQがセットのウルワツ寺院ツアー

※ ゴアガジャ遺跡、キンタマーニ高原、テガララン・ライステラス、ウブド散策、ウルワツ寺院ケチャックダンス鑑賞を楽しんでディナーはシーフードBBQとたっぷり1日のウブド・キンタマーニ満喫ツアー+オプションC

※ ブサキ寺院、クルタゴサ、ウルワツ寺院ケチャックダンス鑑賞を楽しんで、ディナーはシーフードBBQとたっぷり1日のウブド・ブサキ得ベーシックプラン+オプションC

上記にご紹介したバリ島観光ツアーには、ジンバランのシーフードBBQが含まれた格安のお得ツアーとなっています。