木彫り バリ島のお土産に人気の伝統工芸品

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

バリ島のマス村で作られている木彫りの彫刻は、数ある土産物の中でも観光客に人気の一品です。見た目も美しく細部にまでこだわりを見せるその彫刻品を求めて、遠方の国々から買い付けに来る業者もたくさん見かけます。ウブド観光に合わせて訪れるにはちょうど良い場所にあり、ウブド市街地からモンキーフォレストの少し先、車で15分程度の場所にあります。

木彫りを工芸品としている村は他にもありますが、マス村の木彫りは高級品として知られており通りに面した工房では、職人の人達が器用に作業する様子を見ることが出来ます。

かつての彫刻と言えばブラフマナと呼ばれるカースト制の高僧階級のものでしたが、今日に至る観光産業の発展に伴い木彫りの彫刻は、バリ島の伝統工芸となりバリ庶民の人々の家内工業へと発展していきました。

木彫りに使われる素材は柔らかく彫りやすいチーク素材や硬い黒檀などいろいろあります。需要の高いチーク素材はインドネシア国内の島から取り寄せており、100年以上も前から植林が行われる重要な国内産業です。

また唐木(カラキ)の一種の黒檀は、硬くて丈夫でキメ細かく、油脂感触の出る光沢により古くから高級建築材や高級家具材に使われ珍重されています。主な産地はインドネシア、タイ、インドなどで黒と褐色の木目を持ち唐木3大銘木の一つに数えられております。

 

1x1.trans 木彫り バリ島のお土産に人気の伝統工芸品

木彫りの仕事に携わるバリ人も多いですが、作業風景を見ていると『バリの人はこの世に生まれた瞬間から芸術的な感性を持っている』と言われるのが納得できます。作業をするスタイルはともあれ、なんとも器用に手と足を使って作品を仕上げていきます。

 

1x1.trans 木彫り バリ島のお土産に人気の伝統工芸品

バリ島の工房はこのようなオープンスペースが多いので、通りがかりに立ち止まって見学することが容易にできます。カメラを向けてもニコニコと作業の風景を撮らせてくれますし、無理に買わせようともしてこないのでゆっくりとご覧になれます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>