マヤ・ウブド・リゾート&スパ  バリ島のヒーリングリゾートホテル

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

バリ島を旅行する前に頭を悩ますホテル選び。バリに来る観光客の為に作られたエリアのヌサドゥアを始め、ウルワツ、レギャン、クタ、スミニャック、ウブド、離れた場所では、チャンディダサ、シンガラジャなどなど、とてもたくさんのホテルがあります。

その中でも『マヤ・ウブド・リゾート&スパ』はリゾート&スパオブザイヤーにも輝いたことのあるバリ島旅行者の間でも人気のホテルです。

ウブドの東側、ウブド市場やウブド王宮のある中心地からも遠くないプタヌ川の渓谷沿いにあり、『癒し』をテーマに建てられたこのホテルの広大な敷地は10ヘクタールにも及び、心の和むバリの田園風景や大自然を存分に肌に感じることが出来ます。スピリチュアルなエネルギーを体に感じながらのヨガレッスンやネイチャーウォークなどヒーリング効果の高いプログラムも用意されており、滞在中のゲストには日頃の疲れをリフレッシュできる時間を過ごすことができます。

マヤ・ウブドホテルの客室は、ホテルタイプとヴィラタイプがあり、無垢で清楚な感覚に満ちた室内はデザイナーの上品さを伺い知ることが出来ます。客室数は全部で108室、広大な敷地にその数はむしろ少なさを感じさせられますが、その客室数の108には宗教上の深い意味が込められているそうです。

敷地の一番奥の方へと進むと『スパ・アット・マヤ』があり、この場所は『マヤ・ウブド・リゾート&スパ』の中でも最もプタヌ渓谷の自然を間近に感じられる場所です。数棟からなるスパパビリオンで受けるトリートメントは、風に運ばれてくる木々の香りや川のせせらぎの音を肌で体感することができ、深いリラクゼーションが眠っていた生命力を呼び覚ますようです。この場所は、まさにバリ島のスピリチュアル・スポットと呼べる場所でしょう。

ここでバリツアー.comよりスパ情報です。ホテルで優雅にスパも、もちろんお勧めですが街中にあるバリスパ&エステのお店も見逃せません。

クタ・レギャン地区   ・・・・  バリ ラトゥ スパ、バリ オーキッド スパ
ジンバラン地区       ・・・・  ベルアイル スパ、ラヴィ
ヌサドゥア地区        ・・・・  トヤ スパ、サクラ スパ、バリ ウィス スパ
スミニャック、クロボカン地区  ・・・・  プラナ スパ

上記のバリスパ&エステのお店は、バリツアー.comのサイト内でもご紹介しております。格安なお値段でバリ島のスパを体験してみてください。またバリ島 車チャーターで観光している途中、マリンスポーツで楽しんだ帰り道などでも出来ますので、お気軽にご相談ください。

広大なマヤ・ウブドホテルの敷地内の景色です。

1x1.trans マヤ・ウブド・リゾート&スパ  バリ島のヒーリングリゾートホテル1x1.trans マヤ・ウブド・リゾート&スパ  バリ島のヒーリングリゾートホテル

1x1.trans マヤ・ウブド・リゾート&スパ  バリ島のヒーリングリゾートホテル

キャンドルでライトアップされた夜のエントランスは、このような神秘的な様相でゲストを迎え入れてくれます。夜の帳に覆われたウブドの景色は、クタやレギャンのようなバリの海岸沿の賑やかな雰囲気とは正反対で暗闇と呼ぶくらいに真っ暗なものなので、より一層にこの景色が映えます。ゲストの方、また観光で訪れた方々も、暗闇に映し出されるライトアップをご覧に足を運ばれてみてはいかがですか。

マヤ・ウブド・リゾート&スパホテルの宿泊客でなくても、遊びに来ることができますので、バリ島のカーチャーターでウブドを訪れたら、ドライバーに是非リクエストしてみて下さい。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>