プナタランサシ寺院 バリ島にある世界最大の銅鼓

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

1x1.trans プナタランサシ寺院 バリ島にある世界最大の銅鼓

バリ島カーチャーターで訪れたいヒンドゥー寺院のご紹介です。

ここプナタランサシ寺院は世界で一番大きい銅鼓が奉られていると言われる寺院。ウブドの市街地から20分程で、ゴアガジャ遺跡の近くにありウブド巡りには適した場所にあります。

プナタランサシ寺院はかつてペジェン王の寺で権力争いの中枢の場でした。世界一の大きさを誇る『ペジェンの月』と呼ばれている銅鼓は中庭の奥にあります。

1x1.trans プナタランサシ寺院 バリ島にある世界最大の銅鼓

バリ伝説を語る土地の人の話しでは、この鼓は地上に落下した月で、それが木にとまり周りを眩しいくらいに光り輝やかせたそうです。そこに居合わせた窃盗団はその眩しさで盗みに取り掛かることが出来ず、明りを消そうと用をたしたところ月(鼓)は破裂し地上に落下したと言われております。鼓の底には傷が残っており、それは地上に落ちた際に着いたものだそうです。鼓は高さが186センチもあり下から見上げるとその大きさに圧倒させられます。

ペジェンの月がバリ島のこの地にいつから存在し、またいつ造られた物なのかなど詳しいことを知る人間はいません。多くの説がある中でも3世紀頃に造られたという説が定説となっているみたいですが、大変に古い鼓であることに間違いはないようです。

またこのペンジェの月は全てのガムランの祖先と言い伝えられており、文化的にも大変に価値の高いものです。伝統芸能の発祥の地と言われるウブドですから、切っても切り離せない寺院の一つだと考えられます。

この銅鼓の前で熱心にお祈りをするバリの人達の姿も目に映ります。バリヒンドゥーの伝説を感じながら銅鼓『ペジェンの月』の見物にプナタランサシ寺院まで訪れてはいかがですか。

ウブド周辺にはたくさんの寺院、遺跡などの名所があります。バリ島カーチャーターを利用して是非訪れてみてはいかがですか。地元の人達がお祈りに来る静かな場所ですが、由緒あるとても大切な寺院です。

ウブド周辺にご宿泊のかたは、4時間~6時間程のバリ島カーチャータープランで幾つかの寺院をご案内できます。ご希望の見学地またお時間に関しましてはお問い合わせください。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>