バリ考古学博物館 タイムスリップして人々の生活や文化を勉強

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

ウブドの近郊、ペジェン村にあるバリ考古学博物館ではこの土地周辺で発見された陶器や古文書などを中心に、バリ全土から集められた装飾品などが展示されております。

バリ島の歴史は今でも解き明かされていない部分が多いと言われておりますが、展示品を見ることによりその時代の文化や生活がわずかながらに見えてきます。博物館の入口にあるガネーシャ像(ヒンドゥー教の神様で厄除け、財運、学問にご利益のある神様)に出迎えられ中へと入ります。

1x1.trans バリ考古学博物館 タイムスリップして人々の生活や文化を勉強
中央にある池を取り囲むように四つの建物に分けられ展示されております。入場時に渡される案内書きや展示品に書かれている説明は英語になっておりますので、日本語での詳しい説明が聞きたい場合はガイド、考古学博物館のスタッフを同行させると良いでしょう。

1x1.trans バリ考古学博物館 タイムスリップして人々の生活や文化を勉強

1x1.trans バリ考古学博物館 タイムスリップして人々の生活や文化を勉強

 

入口の左側には石で造られた棺(遺骨を納める石棺)が並べられており、これは紀元前300年頃の石棺で村々によってその形を変えているらしく、石棺のデザインを見る事でどの村の棺かが分かるそうです。

1x1.trans バリ考古学博物館 タイムスリップして人々の生活や文化を勉強

考古学博物館を目的に訪れる観光客は殆んどおりませんので、ゆっくりと見学する事が出来ますが展示品も多くはないので時間はかからないと思います。博物館のあるペジェン村の周辺には歴史的にも重要な寺院がたくさんありますので、寺院巡りのついでに立ち寄ってみてはいかがですか。

アクセス
バリ島南部ヌサドゥアから80分、クタエリアから60分、サヌールから40分。ウブド中心地(ウブド王宮)から15分程度。
営業時間は月曜~木曜日は8:00~15:00、金曜日は12:30まで。入場料は決まっておりませんので気持ちでお支払い下さい。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>