サムアンティガ寺院 バリヒンドゥー教の三大神が奉られている寺院

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

バリヒンドゥー教の三大神であるシヴァ神、ヴィシュヌ神、ブラフマー神が奉られているウブド近郊でも大きな寺院で歴史的にも重要なサムアンティガ寺院。

サムアンティガとは『三人が集まる』という意味を持ちます。11世紀にウダヤナがバリの王様だった時代に権威あるバリ宗教家達がこの場所に集まり会議を開き、バリヒンドゥー教はこれよりシヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマーの三人の神を祀ることで合意し会議での決定となりました。

由緒あるサムアンティガ寺院ですが、1917年バリ島の南部を震源とする大地震の影響で寺院は崩壊し、現在見ることができる建物は大地震の後に造られた物です。敷地の中にある建物の屋根はバリ島では『神聖な草』と伝えられているアランアランと呼ばれるワラぶきで造られており、これはバリ島のホテルなどにあるガゼボなどいろいろな場所で目にすることが出来ます。

1x1.trans サムアンティガ寺院 バリヒンドゥー教の三大神が奉られている寺院

 

サムアンティガ寺院で見られるレリーフ(石の彫刻品)や装飾品はどれも美しく見事です。また立派な造りの正面門は有名なバリの画家により設計され建造されたものです。

1x1.trans サムアンティガ寺院 バリヒンドゥー教の三大神が奉られている寺院

サムアンティガ寺院へはウブドの中心地(ウブド王宮)から15分程度の距離で、この近辺には古代遺跡で有名なゴアガジャ、子宝にご利益のあるプセリンジャガッ寺院、世界最大の銅鼓があるプナタランサシ寺院などがあります。バリ島でも重要で由緒ある寺院がこの地域には点在しておりますので、ウブド観光と寺院巡りとしてプランに取り入れてみてはいかかですか。

 

アクセス
バリ島南部ヌサドゥアから80分、クタエリアから60分、サヌールから40分。ウブド王宮(サレンアグン宮殿)から15分程度。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>