ゴアラワ寺院 バリ島のコウモリ洞窟寺院・スマラプラ郊外

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

インドネシア語で、コウモリの洞窟を意味する『ゴア・ラワ寺院』は1007年に高僧であるウンプ・クトゥランによって創建されたバリ島のヒンドゥー寺院です。現在見ることができる寺院は2007年に修復されたものです。

バリ島に住むヒンドゥーの人々は、葬儀の後に『モムクル』といって、海と山の神様に仏様を連れていき魂を清めるという風習があり、その場所の一つとして『ゴア・ラワ寺院』の存在があります。寺院に入ると正面に3つの門があり、一般の人は右側を入口、左側を出口として使用します。真ん中の門は神様の通り道となるため通常は使われません。

寺院の奥へと進むと目の前に洞窟が現れ、その中には数えきれないくらいのコウモリが生息しています。バリ島のコウモリの洞窟と呼ばれている『ゴア・ラワ寺院』です。たくさんの糞などでけっして綺麗と呼べるものではありませんが、神聖な場所にいる神聖な生き物としてバリの人達から崇められております。

1x1.trans ゴアラワ寺院 バリ島のコウモリ洞窟寺院・スマラプラ郊外

1x1.trans ゴアラワ寺院 バリ島のコウモリ洞窟寺院・スマラプラ郊外

一番奥にあるゴアラワの洞窟ですが無数に見える黒い固まりがコウモリの群れです。あまりのコウモリの数に気味悪さを感じてか、短い時間でその場を退散してしまう観光客も少なくありません。

ですがこの洞窟は数キロ先にあるヒンドゥー教の大本山であり、母なる寺院と呼ばれるブサキ寺院に続いていると言われており、バリの人達にとっては最も神聖なヒンドゥー寺院の一つに数えられます。

寺院の見学は1時間位かと思いますが、近くには塩田で有名な『クサンバ』や、もう少し先に足を延ばすと織物の村『トゥガナン』他には『チャンディ・ダサ』などの観光地があります。バリ島の東部地域を巡るツアープランを立ててみてはいかがでしょうか。

 

アクセス
バリ島の中心地デンパサールより1時間、クタエリアより1時間30分、東部の海岸線をチャンディーダサ方面に進みます。ウブド中心地からはスマラプラを抜け海岸方面へ1時間20分程度。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>