クボエダン寺院 ペジェンの巨人を祀るウブド郊外の静かな寺院

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

観光産業では目覚ましい発展を見せるバリ島の中で、今でも宗教行事が毎日のように執り行われデサ・アダットと呼ばれる伝統的な慣習を守り続ける地域社会が残るウブド。神話的なものですがウブドの郊外にバリの神髄はあると伝えられているそうです。

そんな伝説が伝えられるウブド郊外のペジェン村にひっそりと佇むクボエダン寺院。暴れ狂った水牛を意味するこの寺院は、かつてバリ王朝時代のペジェン王の都だった場所で、歴史ある多数の寺院が存在する地域です。

目立った看板もなく通り過ぎてしまいそうな寺院ですが、クボエダン寺院の歴史は古く700年以上とも言われており、地元に住むバリの人達が毎日のように手を合わせに訪れております。

1x1.trans クボエダン寺院 ペジェンの巨人を祀るウブド郊外の静かな寺院

観光客は寺院に入る前にはお布施(心付け)を渡し、頂いた腰布を巻き入ります。小さな寺院ですが立派な割門をくぐると右側にクボエダン寺院で最も有名なペジェンの巨人(高さ3mの石像)があります。

1x1.trans クボエダン寺院 ペジェンの巨人を祀るウブド郊外の静かな寺院

1x1.trans クボエダン寺院 ペジェンの巨人を祀るウブド郊外の静かな寺院

ペジェンの巨人とはインドに伝わる二大叙事詩の一つ、マハーバーラタに登場する剛勇ビマ(本名はブロトセノ)を模った物だとされています。ビマとはマハーバーラタの物語でパンダワと呼ばれる正義側の人物で、五人兄弟の二男に当たり世界で一番強い男、複数の男根を兼ね備えた男と言われております。

クボエダン寺院は小さな寺院ですが、伝説のペジェンの巨人(ビマ像)の見学に足を運んでみてはいかがですか。また寺院内にある全ての建物はアランアランと呼ばれるバリ特有のわらぶき屋根で造られています。伝説の石像とバリ建築をセットでお楽しみ下さい。

アクセス
バリ島南部ヌサドゥアから80分、クタエリアから60分、サヌールから40分。ウブド中心地(ウブド王宮)から15分程度。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>