ガルンガン バリヒンドゥー教の祭日

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

バリ島で生活しているバリヒンドゥーの人々は、西暦ではなく2種類の暦(カレンダー)によって成り立っております。ウク暦とサカ暦と呼ばれている物がその2種類のバリ暦であり、ウク暦とは一か月を35日と定め六か月を210日で1年とする暦、またサカ暦とは世界で使われている太陽暦とは異なる太陰暦と呼ばれるもので、月と密接な関係を持ち月の満ち欠けを基準として1年をおおよそ360日と定めた暦です。

本日のバリ島は、その2種類の暦のウク暦によるガルンガンと言う祭日です。この日は亡くなられた先祖の魂が帰ってくると伝えられており、それぞれの家の寺(サンガまたはムラジャン)にはお供え物や御馳走を置き準備を整えます。ガルンガンの前日にはバリ人の大好物でもあり切っても切れない間柄でもある豚の特別料理が作られます。

1x1.trans ガルンガン バリヒンドゥー教の祭日

 

1x1.trans ガルンガン バリヒンドゥー教の祭日

村の中を踊りながら練り歩く聖獣バロン。善の象徴であるバロンは中国から伝わったと言われておりますが、獅子舞のような衣装をまとい死者の霊が悪霊に憑かれないよう悪霊払いをする宗教儀式の一つです。

 

1x1.trans ガルンガン バリヒンドゥー教の祭日

バリ島のあちらこちらでペンジョールと呼ばれる竹で出来た飾り物が立てられます。普段でも見かけることは多いのですが、ガルンガンなどの大きな儀礼の時にはより立派で豪華なものへと変化します。各地方によって大きさはさまざまですがウブドやデンパサールで見かけるペンジョールは比較的に大きいものが多いと感じます。

以前はペンジョールも手作業で作られていたようですが、なにかと忙しくなったバリの人達はお店で買う人も最近は多いそうです。値段も下は1000円位から10000以上の豪華な物まで予算に応じて揃っております。稲穂をイメージしたものと言われておりますが、数多くのペンジョールが左右に揺れているのを目にすると、まるで水田で風に吹かれ踊っている稲穂を連想させられます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>