ウルンダヌブラタン寺院 バリ島の湖上に浮かぶ絶景寺院

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

バリ島のイメージ写真としても数多く使われているウルンダヌブラタン寺院。標高2000mの高山地帯にある避暑地で、休日には多くのバリ人やインドネシア人が家族連れで訪れています。

バリ島の避暑地と言えばキンタマーニ高原が有名で毎日たくさんの観光客で賑わっておりますが、ウルンダヌブラタン寺院のあるブドゥグルは南部リゾートエリアから遠方にあるためか人も少なめで穴場の観光地です。

ブラタン湖の湖畔にあるウルンダヌブラタン寺院は、花が咲き乱れるチャンディークニン公園内に建てられており、バリ王朝時代のメングウィ王によって1633年に建立されたヒンドゥー寺院です。

寺院に祀られている神様はデウィダヌと呼ばれる水の女神で、農地へと流れるブラタン湖の水が常に満たされているよう見守る守り神です。水不足にならぬようにと地元に住むバリの人々が参拝に訪れ儀式を行う姿も目にすることがあります。

寺院内には11層と3層のメル(屋根が幾層にも重なったバリ建築の塔)があり、水量の多い雨季の時期などはメルが湖に浮かんで見えとても美しいシルエットとなります。眺めが素晴らしい寺院ではタナロット寺院と肩を並べるほどのバリ島屈指の寺院です。

 

アクセス
バリ島南部クタエリアから北部シンガラジャ方面に3時間、デンパサールから2時間30分。ウブド中心地より1時間30分程度。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>