イエプル遺跡 バリ島のライステラスに囲まれた静かな物語遺跡

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活

イエプル遺跡はバリ島の文化芸能の中心地と言われるウブドの郊外にある静かな遺跡です。圧巻なのは25mの長さを誇るレリーフ(石に彫られた彫刻)で、左から右に一つの物語として読むことが出来ます。

バリ島に伝わる説によると、このレリーフはヒンドゥー教の神であるクリシュナがこの世に生を受けてから、自身の身の回りで起きた事を綴った物だと伝えられているそうです。クリシュナとはインド神話の英雄でヒンドゥー教の怪力を持った人物です。

彫られているレリーフは壺をぶら下げ天秤を担いだ男の彫刻、馬にまたがり狩りをする物、槍を投げる男などさまざまな場面が彫られております。クリシュナの生涯を綴ったレリーフとされておりますが宗教的なものとして唯一ガネーシャの像があります。

1x1.trans イエプル遺跡 バリ島のライステラスに囲まれた静かな物語遺跡

1x1.trans イエプル遺跡 バリ島のライステラスに囲まれた静かな物語遺跡

ガネーシャとは象の顔で人間の体を持ったヒンドゥー教の神様で商売繁盛、学問の神として崇められているものですが、イエプル遺跡の中に何故このガネーシャ像だけ彫られているのかは不明です。すぐ近くにゴアガジャ遺跡がありそこにあるガネーシャ像と類似していることから密接な関係があると言われております。

イエプル遺跡を訪れる観光客は欧米人が大半で日本人はあまり見かけませんが、ゴアガジャ遺跡から非常に近い場所なので一緒に見学してみることをお勧めします。現在のバリ島で見られる精巧な石彫りと比べると少々見劣りしますが、14世紀末に造られたレリーフですので、その時代にタイムスリップした感覚で見て頂けたら楽しめるかと思います。

イエプル遺跡へと向かう道はバリらしい、のどかな田園風景が広がる景色の良い場所で、歩きやすいように歩道も整備されているので安心です。

アクセス
バリ島南部クタエリアから1時間15分、ヌサドゥアから1時間40分、ウブド中心地(ウブド王宮)から20分程度。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
クリックお願いします

バリ島ランキング
にほんブログ村 トラコミュ インドネシア生活へ
インドネシア生活
Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>